子連れでも安心!“鑑賞中おしゃべりOK”の美術館が全国に拡大中!

鑑賞中のおしゃべりOKの美術館
子供を美術館に連れていきたいけど、静かにできないから行きづらい…と遠慮しているママも多いはず。しかし最近は、“トークフリーデー”といった、鑑賞中もおしゃべりOKの日を設ける美術館が次々登場しています。

子供には小さいころから本物に触れさせたいもの。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

トークフリーデーとは?


トークフリーデーは、美術館や博物館で周りに気兼ねなくおしゃべりしながら鑑賞できる日のこと。

最近は子連れでも遠慮なく来てほしい、鑑賞しながら感想を言い合ってほしい、と思っている美術館も多いものの、静かに鑑賞することを好む人もいるので、兼ね合いは難しいものです。

そこで、これまでなかなか足を運ぶことができなかった新たな来館者を獲得すべく、取り組まれるようになったのが、このトークフリーデーなのです。

トークフリーデーのある美術館5選


首都圏でもトークフリーデーを実施している美術館・博物館はたくさんあります。ここでは代表的な美術館を5つご紹介します。
町田市立国際版画美術館(東京都町田市)

じゅんさん(@j_hikobosi)がシェアした投稿 -

世界でも珍しい、版画を中心とした美術館。『トーク・フリー・デー』を実施しているのは、展覧会の初日をのぞく水曜日・土曜日です。

このほか、展示作品の前で学芸員が作品の見方や内容、エピソードなどを解説してくれる『ギャラリー・トーク』というイベントなども開催しています。

詳細はこちら
東京国立近代美術館工芸館(東京都千代田区)

shinoさん(@odekake_osanpo)がシェアした投稿 -

赤レンガの建物の中に、陶磁やガラス、染織、グラフィックデザインなど、19世紀以降の工芸・デザインの作品が展示されています。

ここでは、実際に展示品に触れ、感想を語り合う『タッチ&トーク』を開催しています。ただ見るだけではわからない素材や技法の面白さを知ることができる鑑賞プログラムです。

開催日時は各展覧会会期中、毎週水曜日・土曜日の14時から約60分。予約は不要ですが、人数が多い場合は団体申し込みが必要です。

詳細はこちら
戸栗美術館(東京都渋谷区)

@sokuyoshiがシェアした投稿 -

渋谷区にある陶磁器専門の美術館で、創業者の戸栗亨が蒐集した東洋陶磁器を主とする約7,000点のコレクションが展示されています。

毎月第4月曜日は話をしながら展示室を鑑賞できる『フリートークデー』としています。その日は14時から学芸員によるミニパネルレクチャーも開催されていて、約30分間、焼き物について楽しく学ぶことができます。

詳細はこちら
三菱一号館美術館(東京都千代田区)

@psiche1がシェアした投稿 -

東京駅から徒歩5分に位置する美術館。1894年に建てられた赤煉瓦の建物内に展示されているのは、同時代の西洋美術が中心です。

元々は月曜日が休館日でしたが、毎月最終月曜日に『トークフリーデー』を実施。2017年秋から始めたこの試みは、まずは試験的に1年ほど続けることになっています。

詳細はこちら
神奈川県立近代美術館 葉山(神奈川県三浦郡葉山町)

tさん(@cocoro_daylife)がシェアした投稿 -

日本初の公立近代美術館。この葉山館では、展覧会会期中の毎月第1日曜日を『ファミリー・コミュニケーションの日』として、18歳未満の子供を連れた家族客に割引などの優待を行っていました。昨年からその日を『会話を楽しむ日』とし、自由に会話ができるようにしています。

詳細はこちら

ここに挙げた施設のほかにも、静岡県立美術館では毎週水曜日・土曜日に『フリートーキング・デイ』を、新潟市新津美術館では毎月第1・第3の木曜日・日曜日に会話を楽しみながら鑑賞する『こどもタイム』を実施しているなど、地方の美術館にもこの試みは広がっています。

もっと広がって、子供がいても気軽に入れる施設が増えるといいですね。

最低限のマナーは守ろう


トークフリーデーでは話してもいい、といっても、最低限周囲の迷惑にならないように気をつけておきたいことがあります。

大声を出したり走り回ったりするのはもちろん、展示室での飲食は、飴や子供のジュースでもNGです。作品を指さすことも、触れてしまう可能性があるのでしないようにしましょう。

また、写真撮影は多くの施設では許可されていません。撮影OKの場合でも、フラッシュはオフにしましょう。ストロボの光が作品を劣化させる恐れがあるためです。

トークフリーデーの実施は、今はまだ試験的な段階という施設も多く、アンケートで今後継続していくかどうかを決めるというところもあります。そのためにもしっかりマナーを守って、美術館やほかの来館者へ迷惑となる行動は避けたいものですね。

小さい子供のいる家庭にとっては、ぜひとも有効に利用したいトークフリーデー。お近くの美術館でも、そういった取り組みが行われているかもしれません。気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

PHOTO/Lorelyn Medina/Shutterstock参照/ならいごとキッズ「芸術の秋到来!子供と美術館に行くときに覚えておきたいマナー&ルール」NIKKEI STYLE「美術館に「おしゃべりOK」の日 子連れでも安心」毎日新聞「美術館 全国に広がる「会話OKの日」に賛否」TBSラジオ「おしゃべり自由な美術館が増加!でも、どこまでOK?」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ