ブス可愛い!? 美人なのにブスと言われる人

All About

2018/8/10 21:15

美人とブスは対極ですが、そこそこ美人なのにブスと呼ばれてしまったり、造形的にはブスでも可愛いと言われる「雰囲気美人」や「ブス可愛い」と言われる人もいます。一体何が違うのでしょうか?

ブス呼ばわりされる美人もいれば、可愛いと言われるブスもいる

美人とブスは対極ですが、美人でもブスと呼ばれたり、ブスでも可愛いと言われる女性がいます。一体何が違うのでしょうか。本題に入る前に、それぞれの言葉の持つ意味をおさらいしておきましょう。

●「可愛い(かわいい、Kawaii)」とは
日本語の形容詞で、いとおしさ、趣き深さなど、何らかの意味で「愛すべし」と感じられる場合に用いられる。また、「かわいそう」と関連するという考え方もある。派生語にはやや意味を強めた「可愛らしい」、動詞の「可愛がる」がある。(Wikipediaより引用)

「可愛い」という形容の根っこに愛しさがあること、美醜だけを基準にしていないことから「可愛い」と「ブス」は共存するものと考えられます。

●「ブス」とは
容姿が劣ることを指す侮蔑的な日本の俗語。不細工を参照。男性の形容(ブサメン)にも使われることがあるが、一般には女性の形容に使われる。(Wikipediaより引用)

対して「ブス」は主に外見を指す意味のようですが、巷では「性格ブス」という言葉もあることから「美人」と「ブス」も共存するものと考えられます。

「ブスだけど可愛い」女性と「美人なのにブス」な女性。それぞれは、どのような基準で判断されているのでしょうか。

美人基準は見た目だけじゃない?

一般的に美人とは「美しい容姿の女性」のこと。しかし人によって美的感覚や好みが異なるため、誰もが認める美人もいれば、一部だけに認められる「まぁまぁ美人」もいます。

「ブス」呼ばわりされてしまうのは、その中でも「まぁまぁ美人」クラス。非の打ちどころのない美人に対し「ブス」という人はあまりいません。顔はそこそこ美しくても「ブス」扱いされてしまうのは、それ以外のマイナス部分がひどすぎるから。

・服装(センスが微妙、地味すぎる、不潔)
・表情(笑わない、目つきが悪い、いつも不機嫌)
・しぐさ(ガサツな振る舞い、女らしさに欠ける)
・行動(言葉遣いが悪い、相手によって態度を変える)
・性格(高飛車、悪口を言う、自己中心的)

上記のブス基準は、いずれも「好感が持てない(むしろ不愉快)」こと。せっかくの美しさを台無しにするくらい、他の悪い要素が目立っているのです。

なまじ美人は集団の中でも注目されやすく、異性からモテると思われがち。つまり、ちょっとしたマイナス要素で「ブス」認定されてしまう裏には、同性の妬みも多分に含まれているはず。相手から嫌われている可能性も考えられます。

女性の「可愛さ」は造作にあらず

逆に、顔の造形そのものはイマイチでも、他の要素次第で女性はいくらでも可愛くなることができるとも言えます。

・服装(似合っている、女性らしい、色気がある)
・表情(いつも笑顔、表情が豊か)
・しぐさ(女らしい、テキパキしている)
・行動(エネルギッシュ、思いやりがある)
・性格(明るい、ポジティブ、愛嬌がある)

可愛さ基準も人それぞれですが、全体的にいえるのは「好感が持てる」こと。「美人なのにブス」とは真逆ですね。

顔の造作にかかわらず、いつも朗らかで明るい女性は男女関係なく人気があります。「ブス可愛い」女性は、外見以外を磨く努力を惜しまず、トータルで魅力的な自分を作り上げているのではないでしょうか。

外見よりも印象。雰囲気美人になろう。

顔は生まれつきですから伸びしろには限界があり、化粧や表情である程度可愛くできても、「美人」と言われるまでになるのは難しい場合があります。しかし、上に挙げたように顔以外の要素を磨いて「雰囲気美人」になることは可能です。

「好感が持てる/持てない」という判断基準は、トータルの印象から。女性として魅力的な要素をひとつでも増やせば、そのぶん好感度はアップするはず。

「ブス可愛い」女性が魅力的なのは、外見にコンプレックスを抱かず、絶世の美女ではない自分を受け入れた上で、魅力的でいられるよう努力し、ベストコンディションを保っているからではないでしょうか。

なお、上記に挙げたのは基本、同性である女性からの基準です。男性目線の場合、好きな子に対してあまのじゃくな感情で「ブス」と言うこともありますし、ただ単に失礼な男性である場合もあります。一概には判断できないことを書き添えておきます。
(文:島田 佳奈)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス