初めてでも楽しめる!「チームラボ ボーダレス」おすすめ作品5選【お台場】

じゃらんnews

2018/8/10 18:00




お台場に2018年6月21日(木)にオープンした「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス )」。森ビルとチームラボがお台場で共同運営する世界初の「デジタルアートミュージアム」で、オープン当初から入場チケットは完売、週末もすぐに売り切れてしまうほどの人気です。
今回はチームラボ大好きな、じゃらん編集部の二宮が実際にミュージアムを訪れてきましたので、初めての方でも楽しめる「チームラボ ボーダレス」のおすすめ作品をご紹介します!3時間の取材でなんと300枚超も写真を撮ってしまうほど、圧倒されっぱなしの空間でした。
大人気のため混雑必至ですが、東京初の常設ミュージアムで期間限定ではありませんので、ぜひ事前予約してのんびり・どっぷりとボーダレスなチームラボの世界に浸ってくださいね。

記事配信:じゃらんニュース
チームラボとは?


デジタル技術を駆使した「デジタルアート」の先がけとして知られるチームラボ。
2014年~2015年には日本科学未来館で開催された 「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」では約47万人を集客するなど、たくさんの人をデジタルアートで魅了しています。「お絵かき水族館」で自分の描いた魚たちが目の前で動く!という体験に感動した方も多いのでは?
2016年の「お台場みんなの夢大陸2016」内のDMM.プラネッツ Art by teamLabでは、超巨大なデジタルアート作品群を展示し、あまりの人気に大行列ができるほどでした。この年にCMなどで目にして方も多いかもしれませんね。ちなみに私は作品に魅了されて、炎天下の行列にも関わらず、汗だくで並び、2度も訪れました。
コンセプトは「さまよい 探索し 発見する」

チームラボ in TOKYO

入場して、スタッフさんが展示のコンセプトについて説明してくれる場所があるのですがその正面の壁に大きく書かれたこの文字。入場するまでは「確かにこれまでにない作品もあるだろうし、約1万㎡もの空間にはさぞかしわくわくするものがあるだろう。発見しちゃうぞー!」ぐらいの気持ちでした。でも実際に体感してみると、「さまようわ~!楽しいわ~!」と良い意味で期待を裏切られました!

「エプソン チームラボ ボーダレス」は、
1 Borderless World
2 運動の森
3 学ぶ!未来の遊園地
4 ランプの森
5 EN TEA HOUSE 幻花亭

この5つの世界で構成されているのですが、本当にさまよいます。
手さぐりです。
「境界のないアートに自らの身体を没入させ、作品群からできた世界を自らの身体で探索し、他者とともに新しい体験を創り出す」ことがチームラボボーダレスのコンセプト。
案内ガイドやマップなどもないので、心の赴くまま、気のむくまま進んでください。探索して新たな感動にたくさん出会えますし、それこそがこの展示を楽しめる方法なんです!


さて、気持ちを盛り上げるのはこの程度にして本題へ入ります。
ここからはインスタで人気の作品3つと、実際に体験してみて二宮がコレははずせないと思ったもの2つ、合わせて5つの作品をご紹介しますね。(どうしても紹介したくて番外編も1つあります笑)。
【インスタ人気1】呼応するランプの森 - ワンストローク
ため息しか出ない、「ランプの森」で迷子になろう

呼応するランプの森  - ワンストローク

まずはインスタなどで人気の作品1つ目。SNSに画像がアップされることも多く、みかけた方も多いのが「ランプの森」ではないでしょうか。
展示スペースに入る前から期待でわくわく、「早く入りたい!」とテンションMAXです!

呼応するランプの森  - ワンストローク

中に入ると、「わぁ~~~~」という言葉とともに、ため息しかでてきません(感動)。

ランプは一筆書きのように色が変化していくため、人のいる場所や人数によって色も変わっていくんです。
呼応するランプの森  - ワンストロークこんなカラフルな色合いになったり、どんどん変化します♪
360度、鏡(床も鏡面!)に囲まれているので、ふと自分がどこにいるのかわからなくなることがありました。どこまで空間が広がっていて、どこが壁(鏡)なのかわからず、端っこを歩くときはドキドキ。
私は鏡のせいで距離感がつかめなくなりました(笑)

呼応するランプの森  - ワンストローク
呼応するランプの森  - ワンストロークこんな淡い色にも。呼応するランプの森  - ワンストローク本当ため息しか出てこない・・・
どこを撮影してもフォトジェニックになること間違いなし!
また床や壁の鏡面をうまく利用してキレイなリフレクション写真も撮れそうです♪
ここはとっても人気エリアなので、ミュージアムに入ったらすぐに向かうことをおすすします!
※入れ替え制になります
※ランプには触れないようご注意ください

>>次ページはインスタ人気2つめの作品です!
【インスタ人気2】人々のための岩に憑依する滝
滝の流れと花が咲き誇る空間に自分も溶けこむ

チームラボ in TOKYO

インスタで人気の作品2つ目はこちら。(私が一番楽しみにしていたのもこちら)
壁から流れ落ちる滝が、岩にあたって広がっていく様子をプロジェクションマッピングで表現しています。壁や床など一面に水が流れ、花が咲き、自分を包み込んでくるような感覚に。

もうね、ずっと滞在していられます、この空間。
チームラボ in TOKYO花の森をぬけると見えてきます
チームラボ in TOKYO

入口からちらっと見えただけで駆け出したくなるほどの、存在感。
(真ん中に盛り上がっている岩の部分は、意外と角度があるので、気をつけてのぼってくださいね)

この空間も人によって変化が起こるんです。上から流れてきた滝はきちんと岩を打って、足元を流れる水は人をよけて流れていくんですよ。
チームラボ in TOKYO足元を見ると水が分かれています
岩の方は、人が増えれば増えるほど花が咲き乱れます。

チームラボ in TOKYO

チームラボ in TOKYO

壁には文字が流れていくので、そっとタッチしてみるとその文字にあった変化が起きます。風や虹、花などたくさんの感じがあるので気になる文字にふれてみてください。

チームラボ in TOKYO
タッチするとこんな風に映像が変わります。
【インスタ人気3】Wander through the Crystal World
アプリで作品に参加して、光と鏡の世界を操る

クリスタルワールド Wander through the Crystal World

インスタで人気の作品3つ目はこれ。光と鏡が連動したこの作品は、たたずんでいるだけでも癒されるキラッキラな空間。フォトジェニックな写真を撮影して楽しむのはもちろんですが、実はアプリを使って作品に参加することができるんです!

アプリは「teamLab Exhibition App(チームラボ エキシビション アプリ)」です。ぜひ会場へ行く前にダウンロードしておきましょう。会場内にもQRつきのポスターがあるのでそちらでもダウンロード可能です♪連動するためにはBluetoothと位置情報をONにしておく必要がありますのでご注意!

クリスタルワールド Wander through the Crystal World

クリスタルワールド Wander through the Crystal World

スタートボタンで始めると、象形文字のようなものが現れました!!気になる文字を選んで、上にスワイプしてみると作品に沿った演出が作品に反映されるんです~。
※特定の演出が行われている間はスマホで操作できないようになっています

クリスタルワールド Wander through the Crystal World
クリスタルワールド Wander through the Crystal World上へスワイプしてみましょう
こちらの作品も色がくるくると変わっていき、目が離せません!

クリスタルワールド Wander through the Crystal World

クリスタルワールド Wander through the Crystal World

クリスタルワールド Wander through the Crystal World

ここも床が鏡面なので、床を撮影してみると上下がよくわからない感覚に陥ってしまいます。
クリスタルワールド Wander through the Crystal World床を撮影しているので写真下の方に私の携帯が・・・
作品内を歩いていると、光と鏡の効果で自分のいる場所がわからなくなることも。
方向音痴の私はどっちから来たかもわからなくなったり。
作品内は立ちどまって鑑賞している人が多いので混雑していますが、細かい分かれ道もあったりして、意外と人がいない穴場スポットもありますので探してみてくださいね。

>>次ページからは編集部・二宮おすすめの作品です!

編集部・二宮おすすめの2作品(あと番外編)

続いて、じゃらん編集部・二宮おすすめの1つとしてご紹介したい作品は「運動の森」というエリアにあります。ここは「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトとした空間。床面がでこぼこしているのでサンダルやヒールを履いている場合は靴の履き替えが必要です。レンタルスペースで履き替えて作品へ向かいましょう。(向かう途中にレンタルスペースがあります)
【二宮おすすめ1】グラフィティネイチャー 山山と深い谷
オリジナルの生き物に出会い、世界を感じる
グラフィティネイチャー 山山と深い谷くぼみにたまった水は、なんとあの「滝」につながっているんです!
このでこぼこしたエリアのくぼみには水がたまり、様々な生き物が行き交います。照明が暗めなので、足元をちゃんと見ながら歩いてくださいね!
グラフィティネイチャー 山山と深い谷壁や足元に様々な生き物たちが現れます
ここでは自分の描いた花や蝶などの生き物が登場するというので、私たちもオリジナルのイラストに挑戦してみました!
いくつか用意されている中から、好きな物を選んで・・・
グラフィティネイチャー 山山と深い谷花・ワニ・蝶など
子どもたちに混ざって色を付けていきます。
グラフィティネイチャー 山山と深い谷じゃらんの宣伝みたいになっていますが目立ちます!
グラフィティネイチャー 山山と深い谷

無言でぬりぬりぬり・・・

グラフィティネイチャー 山山と深い谷

とってもカラフルに仕上がりました!スタッフの方にスキャンしていただくと、足元からひょっこり!
やっぱり目立つ!探しやすい(笑)
グラフィティネイチャー 山山と深い谷ちなみに誰かに踏まれると一瞬つぶれちゃいますが、また動き始めます こちらもおすすめ!重力にあらがう生命の森

重力にあらがう生命の森

チームラボの作品として目にしたことがあるかもしれませんが、自由に空中を浮遊する物体たちは、ふわふわ跳ねたり、色が変化したり。

重力にあらがう生命の森

床がふわふわしているので、歩きながら、球体に触れるとそれに反応して、音色とともに色が変わっていきます。

重力にあらがう生命の森

重力にあらがう生命の森

上だけじゃなく、下にも球体が並んでいて、なんだか光と丸いフォルムに癒されます。
【二宮おすすめ2】Light Sculpture
スタイリッシュな光の動きから目が離せない

二宮のおすすめとして2つ目に紹介したいのが「Light Sculpture」というシリーズ。チームラボの作品はカラフルなものが多いイメージでしたが、こちらの作品はとってもクール!!

光のラインがさまざまな方向に動き、芸術的な作品となって現れます。
人が中にいると、なんともスタイリッシュな写真が撮れますよ!

グリッド/Grid Spaces
靄の彫刻 / The Haze

靄の彫刻 / The Haze

ランプの森のようなカラフルさもなく、運動の森のようなアクティブさはない、でも動きのパターンも多く、ずっと見ていられる光のライン。

神々/Descent of the Gods
靄の彫刻 / The Haze

次はどう動くのか、そんなことを思いながら、シャッターを押し続けてしまう。
そして取材に行った編集メンバーはずっと無言で撮影し続けました。なんだか引き込まれる。。。

Light Shell II
靄の彫刻 / The Haze

靄の彫刻 / The Haze

こちらも床が鏡面になっているので、直線的な光が柔らかくなり、まるでラインに優しく囲まれているような空間に。
ランプの森が「思わずため息がこぼれる」タイプなら、こちらは「思わず口が開いちゃう」感じの作品でした。

以上、人気作品とおすすめ作品を5つご紹介させていただきました。
どうしても絞り切れなかったので、番外編として、もう1つご紹介したいのが「花の森」!
<番外編>花の森で生まれ、花と共に生きる動物達

花の森

2番目にご紹介した滝の、隣エリアにあるのが「花の森」。
この空間は時間とともに作品が変化していきます。部屋によってはアロマの香りも。展示スペースを歩いていてふと目にした真っ赤な花に覆われた空間も、次に立ち寄った時には、一面ひまわりが咲いていたりと常に変化しているんです。

花の森

花は、人々がじっとしているといつもより多く生まれ、人々が花に触ったり、歩きまわると、いっせいに散ることも。また他作品の蝶が飛んできたり、カラスが飛んでくることで花が散ったりと、連動もするんです。

その花から生まれた動物たちと遭遇することも。
花の森お花でできているのに凛々しい
花の森

動物に触れると、甘えた声を出したり、かわいい鳴き声でなくことも!
花の森なでなで。この後、吠えていました!
花の森

ゾウさんもいますよ~!

花の森

動物たちが去った後は花が散っていくのです。なんだか儚い。
ミュージアム内を移動していると廊下や、作品スペース近くでたくさんの動物たちに遭遇しますので、優しくなでてあげてくださいね。
持ち物・洋服について

●持ち物
ミュージアム内にはロッカーがありますので、荷物を預けることができます。作品をしっかり楽しむためにも、カメラや携帯電話など最低限の持ち物で身軽にしておくことがおすすめ!

●洋服&靴
・「運動の森」エリアではヒールやサンダルがNGなので、靴をはいていくか、現地でレンタルして履き替えましょう。
・床が鏡になっている作品も多いので、短めのスカートはちょっぴり危険。腰巻きの布を貸してくれる展示スペースもあります。
・写真映えを狙うなら、ぜひ白い洋服で!!映し出された映像が洋服に投影されてキレイですよ。
こんな感じで洋服に色が入ります チケット購入について

8・9月分の販売開始時期を早めたというほど、相変わらずの人気です!
前売券・当日券ともに、その日の販売予定枚数の上限に達し次第、販売終了となるので、早めの購入がおすすめですよ!前売券は日付指定となるので、あらかじめ日程を決めて購入を♪

チケット情報
販売開始/販売中
販売対象/2018年8月1日(水)~9月30日(日)の日付指定
料金/一般・高・大学生3,200円、子ども(4歳~中学生)1,000円
※前売券・当日券ともに料金は共通。 前売券は、日付指定。
販売場所/
展覧会公式チケット販売サイト
ローソンチケット
セブンチケット
※前売券・当日券ともに、その日の販売予定枚数の上限に達し次第、販売終了となります。詳細はウェブサイトをご確認ください。
※前売りチケットが完売した場合は、当日券はありません。
※EN TEA HOUSE(カフェ)は、別途料金がかかります。
※中学生以下の子供だけでの入場はできません。
まとめ


取材中も夢中でさまよい続けた約3時間。駆け足で巡ったのですが、とにかく広すぎて作品を堪能するには全然時間が足りませんでした!
最初にご紹介したように、案内マップやガイドなどはなく、明確に境界がない作品も。「あ、こっちなんだか楽しそう♪」と心のむくままにさまよっていくのが、本当に楽しめる空間なんだなと感じました。まさにボーダレスなミュージアム。
「ある瞬間に見えているものは、ある瞬間には見えていない。」と広報の方がおっしゃっていて、すごく納得できました。作品も時間や人の場所や人数によって変化するものが多く、色々な顔を見せてくれるはず。
作品点数も多いのですべてはご紹介できませんでしたが、写真映えはもちろん、ムービージェニックな作品も多数あるので、ぜひ「さまよい、探索し、発見」してくださいね。
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
TEL/03-6406-3949
住所/東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
※MEGA WEBを通り、パレットタウン大観覧車下にエントランスがあります。
【通常】
月~木11:00~19:00
金・祝前日11:00~21:00
土10:00~21:00
日・祝日10:00~19:00
【8/1(水)~ 9/2(日)】
月~日、祝前日、祝日10:00~22:00
※8/1(水)~9/2(日)は、特別延長時間です。
※EN TEA HOUSE 幻花亭は、OPEN1時間後から営業。ラストオーダーは閉館の30分前です。
※最終入館は閉館の1時間前です。
※営業時間はシーズンによって異なります。
休館日/第2・第4火曜日
※8月の休館日は通常とは異なり、8月28日(火)のみ。
※8月10日(金)は貸切営業のため閉館。
アクセス/東京臨海高速鉄道 東京テレポート駅より徒歩5分、ゆりかもめ 青海駅より徒歩5分
「エプソン チームラボ ボーダレス」の詳細はこちら

※この記事は2018年7月時点での情報です

あなたにおすすめ