衝撃! 紗倉まな、“魔法の発明”でスッピンから10秒でメークが完成…!?

ザテレビジョン

2018/8/10 20:42

発明家たちが未来の生活を劇的に変えるかもしれない発明を熱くプレゼンするバラエティー「文無しアカデミー2.0」(日本テレビ)が、8月11日(土)と18日(土)の深夜に放送される。

同番組では、カズレーザーが主宰を務める“文無しアカデミー2.0”を舞台に美容、医療、ロボットなど未来の生活を変える「発明」を天才たちがプレゼン。2月に放送された第1弾が好評を博し、このたび2回目と3回目の放送が決まった。

2回目となる11日(土)放送回のトップコンセプトは「大拡散」。広まればすぐに誰かとつながるこの時代だけに、ある意味ではお金より認知度の価値が重要視される。

直接資金提供するよりもより多くの人に知ってもらうことが結果、研究者たちの資金調達にもつながる。

そんな拡散に貢献するのが同番組に集結したイノベーター審査員たち。

11日は幻冬舎の箕輪厚介氏やセクシータレントの紗倉まな、AR三兄弟の川田十夢、そして品川祐が審査員として登場し、拡散すべき発明なのかどうかを審査していく。

日本を代表する大企業パナソニックが開発した「10秒でメークが完成する」という夢のような研究。社内から集まったまるで“ドラマのような部署”が開発したモノとは?

今回“大人の殿方”を中心に圧倒的な人気を誇る紗倉がスッピンになり、その魔法の発明を体験。紗倉のスッピンも気になるところだが、特に女性の視聴者はその発明に衝撃を受けてしまうかも。

さらに、全人類を救うかもしれない発明をする妊娠中の美人研究者・安達亜希さんの研究も紹介。臓器を取り替えられるという驚きの研究に、審査員一同はヒートアップする。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158125/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス