HMDがライブ会場に! VRアイドルユニット“えのぐ”が初の本格VRライブを実施!

ガジェット通信

2018/8/10 20:00



VRアイドルユニットえのぐをご存知でしょうか。バーチャルYouTuberブームが起きる半年ほど前の2017年8月に「コミケの3日間でフォロワー1万人達成できたらデビュー」という公約を打ち立てるも達成ならず。しかし、一連のやりとりがまとめられたtogetterは約100万PVを獲得。

その後「9月末までに1万人フォロワー達成できたらデビュー」と条件が変更され、VRアイドルなのに全国巡業を行う。9月24日にはフォロワー1万人達成、当初は2名で活動していたユニットだったのが、紆余曲折を経て現在は5名で活動中、というVRアイドル。



メンバーは鈴木あんずさん、白藤環さん、日向奈央さん、栗原桜子さん、夏目ハルさんの、5名。全員が岩本町芸能社に所属しています。当初のメンバーは、鈴木あんずさん、白藤環さんの2人で“あんたま”というユニットを結成していましたが、日向奈央さん、栗原桜子さん、夏目ハルさんの3人が合流して“えのぐ”を結成するに至りました。

【生放送/歌詞付き】えのぐ/えのぐ【VRアイドル】

https://www.youtube.com/watch?v=Nj-ij99bjfg

えのぐは、いわゆる“バーチャルYouTuber”とは違い、アイドルとしての活動に重点を置いており、歌やダンスといったパフォーマンスを披露するVRアイドルです。見た目も奇抜な格好をしておらず、どこか素朴な普通にいそうな女の子たち。そんな女の子たちがVRライブを実施するということで体験してきました。



今回のライブは、岩本町芸能社が開催するVRライブ。おそらく世界初となるVRタレント専用の劇場、『岩本町劇場』にてライブを開催いたします。観客は、ヘッドマウントディスプレイをかぶって視聴、片手に持ったリモコンでペンライトを振ることも可能。もちろん色が変わるので推しの色をガンガン振って応援することもできます。なんと、そのペンライトはアイドル側からも見えているとのことなので『岩本町劇場』でライブ視聴する際は推しをガンガン応援しちゃいましょう。

ライブ前にはいくつかの諸注意が行われました。VRライブならではのヘッドマウントディスプレイに関する注意や、気分が悪くなった場合の対応なども行われつつ、「ライブ中は大きな声で応援してください」といったアナウンスもなされて少しずつテンションが上がっていきました。運営の方が周りの観客のヘッドマウントディスプレイを準備しているのを眺めながら順番待ちをしていると、リアルのライブで開演を待っているとき同様のドキドキ感がやってくるのを感じます。



ヘッドマウントディスプレイをかぶると、目の前にはステージが。周りを見渡すとペンライトをもったアバターが自分と同じように開演を心待ちにしているのがわかります。観客席は最前列の中央で固定されており、誰もが一番いい席でライブを鑑賞することが可能です。

1曲目に披露したのは「ショートカットでよろしく!」。アイドルらしい明るく楽しくみんなと一緒に盛り上がれる楽曲です。最前列から観るVRライブは臨場感や没入感がすごく、実際のライブ会場にいるかのように1人1人の存在感がはっきりと感じられます。動きや歌声をじっくり観ることも、息の合ったフォーメーションを観ることもできて、YouTubeライブで初披露した時から成長した5人の姿が観られました。続いてデビュー曲の「えのぐ」を披露してライブ終了かと思いきや、なんとこのタイミングで新曲が発表されました。



新曲の名前は「絵空事」。曲がはじまった……かと思いきや、観客側に音声が届かないというアクシデントが発生。ステージ上で踊っているのは見えているが音楽がない。このまま続くのかな、と思った瞬間、運営からの声で再スタートすることになりました。正直、かなりクオリティの高いパフォーマンスだったのでもしかして動画再生しているのかな、と疑っていたところだったのでこのアクシデントのおかげでリアルタイムだったんだと確実に認識することができました。再スタート後も動揺することなく、安定したパフォーマンスを披露、思っていた以上にしっかりとアイドルでした。



現在は主にYouTubeで活動中のVRアイドルユニットえのぐ。結成当初からファンとの距離が近く、一緒に泣いたり笑ったり、同じ日常を過ごせる身近な存在として、新たなアイドル像を築き上げていくかもしれません。岩本町芸能社は今後も所属タレントを増やしていく予定。これからVRタレントがどういう存在になっていくのかにも注目です。

【VRアイドル】えのぐチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCFI81W9F49a7GvimKF905eQ

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス