Production I.GがオリジナルTVアニメ企画発表 舞台は架空の歌舞伎町

アニメハック

2018/8/10 19:30

(C)Production I.G (C)KADOKAWA
 「攻殻機動隊」シリーズや「銀河英雄伝説 Die Neue These」を手がけるProduction I.Gが、新作オリジナルテレビアニメ企画の始動を発表した。同社にとってオリジナルのテレビアニメ作品は、2014年の「PSYCHO-PASS サイコパス 2」以来となる。

同作のタイトルは未発表で、現時点での暫定タイトルは「歌舞伎町のやつ(仮)」。新宿區(しんじゅくく)イーストサイドに広がる、ネオン輝く架空の街“歌舞伎町”を舞台として、ある猟奇殺人から始まるドラマを、サスペンスあるいはコメディとして描くという。

スタッフは、監督に「アオハライド」「Dance with Devils」の吉村愛を迎え、「ジョーカー・ゲーム」の岸本卓がシリーズ構成、矢萩利幸がキャラクターデザインを担当する。

発表に合わせて、ティザーサイトと公式Twitterアカウントがオープン。歌舞伎町ニニ一番街を背景に、さまざまな風体のキャラクターが集合したティザービジュアルも公開されている。また、東京ビッグサイトで8月12日まで開催中の「コミックマーケット94」のKADOKAWAブースとDMM picturesブース、渋谷マルイのIGストアでは、ティザービジュアルを使用したポストカードを無料配布中だ。

あなたにおすすめ