THE ALFEE結成45年アニバーサリーの夏イベントで「アルフィー城」を築城

ザテレビジョン

2018/8/10 19:39

2018年で結成45年を迎えたTHE ALFEEが、7月28日・29日の2日間、神奈川・横浜アリーナで「THE ALFEE 45th Anniversary Summer Best Hit Alfee 2018 夏ノ巻『Chateau of The Alfee』」と題するサマーイベントを開催した。

春のツアーで、夏のイベント開催を発表するとともに「アルフィーのお城に有料で遊びに来てください」と公言していた高見沢俊彦。「Chateau of The Alfee」と題されたイベントはその宣言どおり、舞台に豪奢な「お城」が用意された。それぞれに予感を抱いて会場を訪れたTHE ALFEEファンも、会場に入りその華やかで迫力のあるゴージャスなステージセット目にして、さらにワクワク感を募らせたに違いない。

アリーナ後方には飾りのない小ぶりのステージが設けられ、観衆は「きっとここから3人は登場するのだろうな」くらいの予想はしたことだろう。だが、3人の登場とともに、予想をはるかに超越するオープニングが繰り広げられた。

会場が暗転し、観衆の視線が後方ステージに集まる中、ステージからは何かがふくらみはじめ、巨大な2頭の白馬に姿を変える。強烈なインパクトに、会場のボルテージは一気に上がり、興奮状態に。そしてTHE ALFEEの3人が登場。白馬を備えたステージはせり上がり、「馬車」と化してアリーナ中央を前方ステージ目指して移動を始めた。

ゆっくりと進む馬車(ステージ)はセンターの観客の真上を通過して、やがて前方へ到着。コンサート中のトークで高見沢自身が「今どき、こういうセットをつくるバンドはないよね」と表現した絢爛豪華な城のセット。来場したファンの間では「オープニングだけで来た価値はあった」との声も出たほどだ。

■ 45年を振り返る

28日と29日で、演奏曲目をかなり変えた2日間の公演。初日の幕開けは「Nouvelle Vague」。後奏での力のこもったギターソロが印象に残る「NEVER FADE」とつないで、「AFFECTION」へ。この3曲目ではステージを取り囲んだ円筒から轟音とともに火花が上がる演出で度肝を抜き、4曲目は観客全員が手にしたシリコンブレスレットを点灯させ会場全体を赤に染めた。

その他、「セットに最も合う曲」(高見沢)と紹介された「或いはノイシュバンシュタイン城からの伝言」、演奏しながら移動ステージの上での「Funky Dog!」など、45年の歴史の中で発表してきたバラエティーあふれる楽曲をちりばめた構成。1984年発表のヒットナンバー「星空のディスタンス」後にMCを挟んだ以後の5曲は、プログレッシブ・ロックバンドとしての力量と存在感をまざまざと見せつけた。

アンコールは、The KanLeKeeZのステージをたっぷりと。3人ともが楽しげに次々と奏でるGSヒット曲のオンパレードは、もうTHE ALFEEライブのアンコールではおなじみの光景だ。そのラストは「SWEAT&TEARS」の大合唱となった。

2回目のアンコール、高見沢は1982年、埼玉・所沢航空記念公園での夏の野外イベントを振り返りながら、「その頃は、未来への不安が不満になり、そんなモヤモヤを曲にしていた。1982年に作った曲をこうして今でも歌える」と、喜びを表現した。そして1983年1月リリースのアルバム『ALFEE』収録曲「OVER DRIVE」~「夢を急げ」を披露。「結成45周年をこうしてみんなにお祝いしてもらえる。幸せです」(高見沢)と感謝の言葉を口にして、1日目のステージは終演した。

「ジェレネーション・ダイナマイト」で幕を開けた2日目は、「白夜-byaku-ya-」「やさしい黄昏」などを聴かせながら、「終わりなきメッセージ」で終演。2日間、趣向を凝らしたステージに、ファンは大満足の様子だった。

7月29日の公演をもって、THE ALFEEのライブは、通算本数2692本を数えた。そしてこの秋・冬も30本近くのコンサートツアーを展開する。9月には高見沢俊彦のソロライブも控えている。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158162/

あなたにおすすめ