剛力彩芽は「お金持ちだから好きになったわけじゃなくて、好きになった人が大金持ちだっただけ」 相次ぐ電撃婚に続く?

wezzy

2018/8/10 17:45


 玉木宏と木南晴夏三浦翔平桐谷美玲、勝地涼と前田敦子など、おめでたい電撃婚が続いた2018年前半。さらに「結婚間近」と芸能記者さんたちが追いかける石原さとみ、剛力彩芽らカップルの素顔や近況を、情報かき集めてお届けします。

___

皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

アツアツ酷暑のせいなのか?  今年は何だか「電撃婚」が多くない?  もしくは異色の熱愛カップルが誕生して世の中をザワつかせたり……。2018年上半期、パッと思い出せるだけでも、誰もがノーマークだった玉木宏さんと木南晴夏さんのあっぱれ婚。噂は出ていたけど、最後はマスコミをサラリとまいて結婚した三浦翔平くんと桐谷美玲ちゃんカップル。あっという間だった勝地涼くんと前田敦子ちゃんの超速婚。こちらも誰もがびっくりした小林麻耶さんと4歳年下の一般男性との極秘婚や森泉さんのコッソリ授かり婚。サッカー界では、女性サポーターの間でちょっとした「岳ロス」を引き起こした柴崎岳選手と真野恵里菜さんのご結婚など、おめでたい話がいっぱい!

そして結婚も視野に入れているのではと言われているのは、石原さとみさんとIT企業『SHOWROOM』のカリスマ社長・前田裕二さんのラブラブカップル。SNS投稿がなぜか毎回ザワザワ物議をかもす剛力彩芽ちゃんと『ZOZOTOWN』運営・前澤友作社長の年の差カップルもね。

週刊誌やスポーツ紙の人たちに聞いてみても「ホリプロは否定してるけど、石原さとみは堂々としていて見ていて気持ちがいいぐらい。隠す気はないんだろうね。2カ月ほど追ったけど、彼と一緒に暮らす部屋から撮影現場に通っているよ」とのこと。現在主演中のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の現場でも「相変わらずご機嫌だよ。暑いし撮影はとてもハードなんだけど、座長としてみんなを盛り上げてるし、毎日笑顔で乗り切ってる。本当は重圧もあるだろうに、彼の存在が癒しになっているんじゃないかな」とスタッフも言ってたわ。

もともとさとみちゃんはハッキリものを言うタイプで、インタビューでも的確に何でも答えてくれて、ボキャブラリーも豊富だから聞いててもすごく楽しいの。男前でさっぱりしてるから、女性記者にも大人気。それに最近は美しさにも一弾と磨きがかかって、スタジオの廊下をスッピンで歩いていてもお肌はツルスベだし、色気がダダ漏れしていてみんな思わず振り向いちゃうくらいのオーラが出ちゃってるの。幸せオーラをおすそ分けしてもらってる感じで断然、応援したくなっちゃうし、ホント幸せそうで何よりよ!

一方、剛ちゃんの“初めての恋”は何だか手放しで喜べなくて、老婆心ながらちょっと心配。剛ちゃんは明石家さんまさんはじめ、松岡昌宏さんたち、芸能界でも「剛力彩芽ファン」を公言する大物芸能人も多いから、何でもすぐあーだこーだ言われちゃうしね。松兄ィも「おめでとう」とは言ったらしいけど、どうやら飲みの席では「剛力、お前もか~」と叫んでいたらしく、内心はジェラシーでいっぱいいっぱいだったみたい(笑)。

剛ちゃんちはご両親が今でもとっても仲良しで「姉と私が焼きもちを焼いちゃうくらい夫婦仲がよくて。私も結婚するなら包容力があって強いお父さんみたいな男の人がいい。私、ファザコンなのかもしれない」ってずっと言ってたし。優しいお母さんと看護師をしているしっかり者のお姉さんとの4人家族で、少し前は「東京から少し離れているから仕事場に通うのは大変だし、独立もしなくちゃいけないとは思うんだけど、でも家族の顔を見ないと毎日頑張れないからまだ実家住みなんですよ~」なんて嬉しそうに話していたのよ。

どんなに遅く帰っても「お母さんが待っててくれる。寝ててねって言っても起きてて『お帰り』と声をかけてくれて、それだけでどんな疲れも吹っ飛んじゃう。おうちのご飯も美味しいし、お母さんとお姉ちゃんと女3人でガールズトークもする。何でも話し合います」と“家族大好き”なトークをいつもしてくれる親孝行娘の剛ちゃん。でも恋に落ちてしまったら、そりゃあ今は“恋人大好き”な生活になっちゃうよね。だって剛ちゃんだって女の子だもん、仕方ないじゃない。お金持ちだから好きになったわけじゃなくて、好きになった人が“たまたま”大金持ちだっただけだもんね。しょーがないじゃん。

この恋がうまくいくのが一番だけど、でももしも、もしも成就しなくても、剛ちゃんの女優としての成長には絶対につながると思うから、今は誰に何を言われようと全身全霊で悔いなく恋をして欲しいな。人間って仕事ではそうは成長なんか出来ないじゃない。やっぱり恋愛こそが成長を促すものだと思うしね。好きな人がいるって、世の中が180度変わるし活力にもなるし、絶対にいいことだらけだもん。剛ちゃん、次に逢う時にどんな変化があったか、ぜひ教えてね。楽しみにしてる~!

さてさて、美玲ちゃんの主演ドラマ『好きな人がいること』(フジテレビ系)放送時は「知り合ってはいたけど、まだ正式にはお付き合いしていなかった」という翔平くん。あのドラマで湘南に行く人が増え、「山崎賢人でも三浦翔平でも野村周平でも誰でもいい。よりどりみどりの美玲ちゃんがウラヤマシイ」と地団駄踏んでた女子の皆さんももう落ち着いた頃だと思うけど、あの時の翔平くん、本当にカッコよかったものね。うちの同僚女子たちも「ツンデレ賢人より優しくてセクシーで大人の男っぷり半端ない翔平の方がいい」なんて言ってたぐらいだけど、もうこの美男美女カップルには文句のつけようがないものね。とことんお似合い!

美玲ちゃんはあんなにスレンダーなのに実は出るとこ出てる完璧ボディーだし、昔から「いつかは結婚してお母さんになりたい」と言ってたしね。女優業に加えキャスターとしてロケに行ったり、忙しすぎる毎日を送りながらも愚痴も言わず、インタビューでもちゃんと話してくれて、「女優を続けながらも大学は卒業すると親と約束したので、何年かかっても絶対に卒業しなくちゃと思ってました」と言ってたけど、本当に有言実行タイプで、「自分で決めたことは最後までやり遂げないと」という真面目な女の子。「よく細いとか言われるんですけど、私すごくよく食べるんですよ」なんて明るく話してたっけ。

初共演となる男の俳優さんとは「仲良くなるのに少し時間がかかる」と言ってたけど、翔平くんは話しやすいタイプだもんね。男友達も多くて毎年、6月3日の翔平くんのバースデーには大勢の友達が集合して朝までどんちゃん大騒ぎ。飲んではモノマネの全レパートリーを披露して、自ら場を盛り上げる翔平くん。友達のアイドルくんや俳優くんたちによると「翔平はオフは意外とインドアで、家で本読んだりゲームしたり。翔平んちに行ってもみんな好き勝手なことしてる。でもプライベートはなかなか話さなかったりする。隠すのうまいんだよなぁ。家にいるだけかと思えばジムで体は鍛えてるしバランスはとれてるね。結婚しても『男友達との飲み会には出る』って言ってたから安心したー」って喜んでたけど、みんな内心「何で翔平だけ。俺も美玲ちゃんみたいなお嫁さんが欲しい~」とジェラシー満載で「悔しいからガンガン呼び出してやろうと思ってる」なんて計画してるんですって。でも同性の友達が多いってポイント高いしね。

アツが翔平くんと出会ったのは2008年の『ごくせん』(日本テレビ系)第3シリーズで、翔平くんの本格的なドラマデビュー作だったんだけど、いつの間にかすっかり大人になっていてびっくりよ。まだいたずらっ子だったのに。ごくせんの生徒チームは今でも仲良しだから「盛大にお祝いしなくっちゃ」が最近の合言葉なんですって。ま、みんなホドホドにしてあげてね。

2018年上半期の結婚で一番驚いたのはやっぱり玉木宏さんと木南晴夏ちゃんの電撃婚かなぁ。だって誰からも噂さえ聞いてなかったし、リポーターさんたちも「何か情報ない?」って慌てまくってたもの。アツが玉木くんを知ったのはまだ彼が前の小さな事務所に所属していた頃。専用の送迎車もなくて、生田スタジオや緑山スタジオまでスタッフ専用のシャトルバスに乗って、私たちと一緒にスタジオ入りしてたのよね。今では考えられないけど。

2002年の深田恭子ちゃんの主演ドラマ『リモート』(日本テレビ系)では、「王子様大好き、堂本光一くん大好き!」を宣言していた恭子ちゃんが、共演していた意中の光一くんから目移りして「玉ちゃん、可愛い。大好き~」と言い出して、瞬時に「玉ちゃん狙い」に変更した時は、あまりに恭子ちゃんらしくて笑っちゃったわ。

そんな恭子ちゃんに当時はオロオロして初々しく照れてた玉ちゃんが数年後、大俳優となり女優陣からモテモテで様々な恋の噂が出始めて……。トーク上手だし大人だし鍛えた逞しい体といい、そりゃあ女子が放っておくわけがないけど、最後に選んだ相手が晴夏ちゃんとは。この数年のアツのイチオシ女優の晴夏ちゃんをお嫁さんにするなんて、玉ちゃんったらお目が高い! 堤幸彦監督や福田雄一さんが「お気に入り女優」として常に名をあげる木南晴夏を極秘でかっさらうなんて、もう表彰しちゃいたいぐらい。どんな役もこなせるカメレオン女優で話も面白くてパン好きで。いい妻、いいママになりそうだし幸せになること間違いなし。 玉ちゃん&晴夏ちゃん、本当におめでとう!

で、最後にお祝いを言わせていただきたいのはやっぱり前田のあっちゃんかな。AKB48当時から取材をさせてもらって、2010年の佐藤健さんとのドラマ『Q10』(日本テレビ系)からは定期的にインタビューさせてもらっていたんだけど。このドラマで出会って「ブス会」が誕生したのは周知の事実よね。高畑充希ちゃん、柄本時生くん、池松壮亮くんのメンツで結成されていて本人たちもよく話題にしてるけど。

あっちゃんはどうやら恋をするとそのお相手に一直線になって、メイクや洋服もガラリと変わるタイプだったの。ある時、急にメイクが濃くなってやたらセクシーになった時があって、一緒に取材に行った女子連中と「綺麗になったけど、ちょっと無理してる感じがするわ。あの濃い太いアイラインはいただけない。誰の趣味?」なんて話してた時があったりもしたなあ。

それから数年を経て、2015年のドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)の時はすっかりナチュラルメイクになっていて、気持ち的にも落ち着いていて、いわゆる「自然体のいい女」になっていたから「もしかして素敵な恋愛でもしてる?」って聞いてみたら「してないしてない。実は今、役のことでいっぱいいっぱいで悩んでるの~」と素直に言っててね。

『ど根性ガエル』では、彼女が演じる京子ちゃん役は昔からファンの人も多くて、「前田敦子で大丈夫なのか?」なんて叩かれて、ちょっと心配されてたのは事実なの。そんな時、主演の松山ケンイチさんが「大丈夫大丈夫、敦子ちゃんらしい京子ちゃんでいいんだから。俺だって俺のひろししか出来ないんだから、敦子ちゃんは不安にならず普通に演じればいいんだよ」と優しくアドバイスしていて。さらに次のドラマでも共演していた新井浩文さんや、白石加代子さんがあっちゃんを何気にフォローしていて、一緒にいたのに勝地涼くんのことはうっかりスルーしていた自分が情けないわ。当時はぜーんぜんアンテナに引っかからなかったのよね。

でも考えてみれば勝地くんは子役の頃から演技派で、2000年のドラマ『永遠の仔』(日本テレビ系)で渡部篤郎さんの少年期を演じてすぐに話題になったのよね。宮藤官九郎さんほか有名な監督や脚本家、各局のプロデューサーからも「困った時の勝地涼」と言われるぐらいの役者で、失礼ながらそんなに派手さはないけど、誠実な人柄も含め、今後も生涯、役者人生を全うしていくであろう演技派俳優。あっちゃんも最後の最後はちゃんとした優しい男性を選んだのね。勝地くんの実家は生花店だけど、そう言えば彼は観葉植物のように人に安らぎや癒しを与えてくれる人だものね。あっちゃんもやっと、いつも自分が自然体でいられる男性を見つけたのかなぁ。この結婚もみんなから祝福される微笑ましいカップルでいいでしょ。末永くお幸せにね!

この夏は大型台風が次々接近したり、災害レベルの猛暑だったり、異常気象が続く毎日だけど、ハッピーなニュースが届くとさらに暑くはなっても(笑)、なんだかんだ嬉しくなっちゃうものね。あ、すっかり忘れてたけど森田剛さんと宮沢りえさんも確か今年、入籍したんだっけ。昨今、「嵐の結婚が近いのでは?」なんて噂も蔓延していてファンの皆さんもハラハラモヤモヤしているかもしれないけど、アツもちょっと調べてみなくっちゃ。次におめでたいニュースを運んでくれるのは誰かしら?  あっと驚くカップルがまだ何組かポツポツいるらしいのよね。さぁて、スクープ担当のお友達に聞いてみよっと!

あなたにおすすめ