世界コスプレサミットにも協力!ソムタム田井の本当の顔はあくまで“楽しさ”を追求する冒険家であった!?

あるときはフリーライター。またあるときはカメラマン。そしてまたあるときは世界コスプレサミット関連イベントの審査員……。あの小池一夫氏や水野晴郎氏から直接師事を受けていたソムタム田井が明かす“常識を覆す教え”とは……!? わたくし、首藤和仁が斬り込んでみた!

■そもそもコスプレイヤーはどうやって生まれたの?

――世界コスプレサミット関連のイベントで審査員をされているということで、まずはこの質問を。“コスプレイヤー”というカテゴリーがいつから確立されたのかをお聞きしたくっ!

諸説ありますが、日本でもハロウィンという文化が知られるようになった1960~70年代当時、海外ではお姫様や魔女、海賊、カウボーイなど、誰もがイメージしやすい“仮装の対象となるキャラクター”がいましたが、日本ではそれらに該当する存在がいなかった。そこで、誰もが子どもの頃に見て、夢中になったテレビアニメのヒーロー、ヒロインたちが“仮装の対象”となり、やがて“コスプレ”という独立したカテゴリーを形成するに至った……という説が妥当ではないかと考えています。

――レースクイーンやコンパニオンといった職業にも、コスプレに通じるものを感じるんだけど、そのカテゴリーに入れていい?(興味津々)

最近では、よりキャラクター性のあるコスチュームを着たレースクイーン、コンパニオンも多いですが、企業側より正式にオファーを受けて、アニメやゲームのキャラクターに扮する“公式コスプレイヤー”という職業もありますからね。似て非なるもの……というのが、個人的な見解ですが、なかにはコスプレイヤーでもあり、レースクイーンとしても活躍されている方たちもいらっしゃいますからね。その辺りの境界は、非常に曖昧です。

――ちなみに田井さんはライター兼カメラマンとして、全国のコスプレイベントを取材し、そのリポート記事も作成しているよね。

はい。直近のコスプレイベントで撮影したハイレベルなコスプレイヤーたちの写真はこんな感じです。

ありぃ @allie_cosありぃ @allie_cos
いのり @inori_0118いのり @inori_0118
うたたねねむ @utatanenemuうたたねねむ @utatanenemu

――すごいね。沢山あるから次の段落にも載せちゃうね(笑)。ところで田井さんは、自分でもコスプレイベントを開催したりはしないの?

構想を練ってはいるのですが、今はクライアントより依頼を受けて、コスプレ企画の立案や、運営のサポートを行うことが多いですね。コミックマーケット、ニコニコ超会議、闘会議といったイベントでは、企業ブースのサポートをしたり、コスプレイヤーを起用した広報活動、ニコニコ生放送なども展開しています。ちょっと変わったところでは、今年2月に成田空港で『人気コスプレイヤー in 成田空港! SKYRIUM』というイベントを開催させていただきました。

■ソムタム田井が考えるコスプレの魅力

――ハロウィンの日本では、街中でコスプレを楽しむ人が多数いて、市民権を得ているように思うけど、ずばり田井さんが考えるコスプレの魅力って何?

私は大阪芸術大学で映画の勉強をしていまして、その当時は「映画こそが総合芸術」だと言われていました。映画には「ファッション」があり、「写真」の技術があり、「舞台芸術」の様式美があり、「映像」ならではの時間という概念がある。だから「映画こそが総合芸術」だと。
ぐぐる @guguru_PICOぐぐる @guguru_PICO
みあ @ring_love_mirみあ @ring_love_mir
希林まおは @maoha_0x0希林まおは @maoha_0x0
入宮あまな @amana_cos入宮あまな @amana_cos
望月もち子 @mocidukimochico望月もち子 @mocidukimochico

――なるほど。映画には総てあるねー。

でも総合芸術という観点からすると、コスプレの世界にも「ファッション」に相当する衣装やメイク、「写真」に相当するコスプレROMや写真集、「舞台芸術」に相当するダンスやステージパフォーマンスがあり、「映像」に関しては、アニメやゲームの実写化作品が次々に制作されるなど、あらゆる芸術と通じる部分があります。いわゆる「オタク文化」で終わるのではなく、一種の“芸術性”を持って広がるコンテンツ……であるところに魅力を感じ、まだ研究歴7年の若輩者ですが、日々、コスプレ文化の探求に勤しんでいます。

■あの小池一夫氏や水野晴郎氏から直接師事を受ける

――ちなみに大阪芸術大学では、他にどんなことを勉強したの?

他学科ではありますが、漫画家養成を目的とした「小池一夫ゼミ」に所属し、小池先生より、創作活動においてはキャラクター作りをもっとも大切にする“キャラクター原論”を教わりました。また、大阪から上京してしばらくの間、スタッフとしてお仕事の手伝いもさせていただき、通常の授業では教わらないこともたくさん勉強させていただきました。かなりの究極論に近いのですが「現実世界でも総ての人をキャラクターとして捉えること」「そうすれば行動原理が読める」と学びましたね。
ソムタム田井

――さすが小池先生は深いなぁ……。素晴らしい人に師事できてよかったね。

そういう意味では水野晴郎先生から学んだことも大きかったです。

――えっ、あの水野晴郎さんともつながりがあるの!?

水野先生が監督された伝説的映画『シベリア超特急5』に、アシスタントスタッフとして参加させていただく機会があったんです。映画としては「カルトでおバカな作品」として括られているシリーズなので、あるとき、一部のお偉方に「映画評論家としての立場があるのに、なんでこんなくだらない映画を作ったんだ!」と目くじらを立てられたことがあったんですよ。そうしたら水野先生は「なんでそんなに目くじらを立てているんだ?たかが映画だよ?」と答えられて。

――深いねぇ~。

映像の技術やストーリーの芸術性がどうのではなく、ましてやご自身のキャリアや、立場なども関係なく、「映画は楽しんで制作することに意味があるんだよ」と答えられて。語気を荒げるでもなく、モノづくりの本質について明確に語られた姿は、本当に格好良かったですね。
ソムタム田井

あの小池一夫氏や水野晴郎氏から直接師事を受け、“常識を覆す教え”を得たことで、看板やブランド名に対する気負いがなくなり、「何よりもまず、自分自身がおもしろいと思えるコンテンツを作り出す!」というスタンスで物事に取り組むようになった……と語る田井さん。型にはまりやすい世間の中で、常に“楽しさ”を求める冒険家の彼が、つまらないモノなんか絶対に制作するわけがない。今後も彼の手掛けるコンテンツに括目だ!☆☆☆

<掲載コスプレイヤー>
ありぃ @allie_cos
いのり @inori_0118
うたたねねむ @utatanenemu
ぐぐる @guguru_PICO
みあ @ring_love_mir
希林まおは @maoha_0x0
入宮あまな @amana_cos
望月もち子 @mocidukimochico

●ソムタム田井(田井成樹)プロフィール

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス