嵐・松本が明かす苦手克服法にネット反響「考え方がすごい」

E-TALENTBANK

2018/8/10 17:49


9日に放送されたフジテレビ系『VS』で、嵐の松本潤が話すエピソードに反響が寄せられている。

その中で櫻井翔が「パクチー僕は食べられないんですけど、松本くんも食べられないでしょ?」と、松本へ話を振った。

これに松本は「食べられる」「ようになった」と、苦手だったパクチーを克服したと話し始め、克服方法について「嫌いなものをめちゃめちゃ食べるの」と、話すとスタジオからは驚きの声が上がった。

続けて松本は、別番組の企画で苦手だというパクチー料理の店に連れていかれ、「パクチーしか入ってない鍋を食わされたの」と、あるきっかけがあったと振り返った。

そして「まずかったものが途中でおいしくなったら面白いなと思って、おいしいって言えるようになろうと思って食べてたら本当においしくなっちゃって」と、いつのまにか食べられるようになっていたといい「限度を超えるとおいしくなります」と、コメントしながら周囲の笑いを誘っていた。

このエピソードに視聴者のSNSでは「何事にも真摯に向かい合う行動力」「努力家だね」「この考え方がすごいよ」などの声が寄せられていた。

嵐メンバーの努力に反響が寄せられたことは過去にもあり、櫻井と松本はコンサートが終わった後にトレーニングバイクで運動し、乳酸が残らないようにすると話した際は「どんだけストイック」などの声が寄せられていた。

あなたにおすすめ