タイ洞窟・奇跡の救出劇を完全再現!世界初となるダイバー全員のインタビューも

テレビドガッチ

2018/8/10 17:00

8月12日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系、毎週日曜22:00~)は、『Mr.サンデー あのニュースを総力追跡SP』と題して、19時57分から3時間スペシャルを放送。6月にタイ北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められ、7月10日に無事救出された少年ら13人の奇跡の救出劇を完全再現。さらに、世界初となるダイバー全員のインタビューを紹介する。

奇跡といわれた救出劇だが、その裏側には、不可能を可能にしたイギリスからの7人のダイバーがいた。世界中のプロダイバーが集結する中、彼らが選ばれた理由とは? 実は、最初に少年らを発見したのは「イギリス洞窟救助協会」に所属するダイバー達だった。彼らは「洞窟などでけがをした人たちを救助する」ことに特化した能力を持ち合わせたプロフェッショナル集団だった。

洞窟内のダイビングは“ケイブダイビング”と言われ、通常のダイビングとは全く趣きが異なる。洞窟内なので、浮上しても水面に出ることはできず、水が濁れば自分がどこにいるのかもわからない。そして今回の洞窟は芦ノ湖がすっぽり入るくらいの大きさ。作業中に亡くなった元タイ海軍のダイバーは、ケイブダイビングの経験はなかったという。しかし、プロ集団の彼らですら「ダイバー4、5人で人1人を救出する」「視野が完全に閉ざされてはいない水中での救助」をしているのが普通。しかし、今回挑んだのは「ダイバー1人が少年1人を救出する」こと。まして、少年たちの中には泳ぐことも満足にできない子どももいたという。はたして、どうやって救出に成功したのだろうか?

また、救出のためにダイバーが考えた救助方法を紹介する。イギリスのダイバー、リックは、子どもに鎮静剤を投与し“眠った状態”にしたうえでマスクを着けて運ぶという方法を提案。極限の環境で少年たちにパニックを起こさせない唯一の方法だとリックは考えた。しかし、当初医師はこの計画に反対していたという。誰も経験したことが無い未知の救出作戦が始まったが、一番の難所で恐れていたことが起きてしまう……。

ほかに、救出劇の裏では日本人が活躍していたことも明らかに。雨季のタイで日ごとに刻々と増す洞窟の水位。必死の排水作業が行われたが、雨が降り続く中、いくら排水をしてもなかなか排水の効果は見られない。JICA(国際協力機構)のタイ事務所は、流入を止めるには地表のどの地点から、洞窟に雨水が流入しているのかを突き止めることが必要だと考えつく。すぐさまJAXA(宇宙航空研究開発機構)と連携し、衛星データから作った高精度の地図をタイ当局に提供したという。

番組では救出作戦の中心となったイギリスの7人のダイバー全員への取材に成功した。7人全員への取材は世界初となる。その証言とそれに基づく再現を交え、救出劇の全容を放送する。

あなたにおすすめ