【12星座別 8/11~8/17の運勢】獅子座新月のギフトは2019年につながる

カナウ

2018/8/12 05:38


【12星座別 8/11~8/17の運勢】獅子座新月のギフトは2019年につながる

獅子座の新月で、あなたは何を変える?


11日、18:59に獅子座で新月が起こり、これは部分日食となります。(日本では観測できません)

7/13の蟹座新月(部分日食)と7/28の水瓶座満月(皆既月食)に続く、スペシャルなお月さま第三弾なんですが、この先月からの流れでとても不思議な時間を過ごしている人が少なくないはず。

自力ではどうにもできないものが動いたり、意外なギフトを手に入れたり、自分の中にずっと見過ごしていた『宝』を見つけたりと、少なからず人生が変化しているに違いありません。

そんな特別な新月を含んだ8/11~8/17の運勢を、12星座別にくわしく見ていきましょう!

牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)


11日の新月は、恋のミラクルが起きそうな予感。片思い中の人や出会いを求めている人には、うれしい展開があるはず。新しい恋をスタートさせる人も少なくないでしょう。

もし、交際中の恋人とケンカの真っ最中だとか、片思いの彼から避けられている気がする……といった状況なら、「私のせい」と強く思い込まないように。理由は別にあるようです。

卑屈になれば損をするだけなので、堂々としていて!

13日以降、仕事で急に慌ただしくなる様子。お盆休みを取る予定だとしても、「おちおち休んでいられない」と不安になるかもしれません。

夏休みは別のタイミングで取るという場合、この時期は『恋愛<仕事』になりやすいでしょう。

牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)


11日の新月は、一番大切なものを見つめ直すきっかけになるはず。それまで大事と思っていたものが、もうそれほど重要視する必要がなくなったり、ずっとスルーしていた部分に高い価値を見出したりするようです。

何をもっとも尊重するとしても、この時期に注目することは、中長期的に影響を与えられます。「コレって、本当に私に必要かな?」と戸惑っても、自分の信念として大切にしてみて。2019年の始め頃には深く納得できるようになります。

12日の午後から夜にかけては、ちょっとしたミラクルも起きそうな、チャンスアワー! 自分の気持ちを素直に伝えられれば、恋はトントン拍子に進展できるはず。

双子座(5月21日~6月21日生まれ)


11日の新月で、恋愛の優先順位が少し落ちそう。仕事で活かせるスキルの習得や、新しい習い事をスタートさせたなら、生涯役に立つ能力を身に着けられるようです。

とはいえ、恋愛運は決して悪いわけではないので、恋をお休みする必要はありません。恋に仕事にと、パワフルに行ける人はガツガツいきましょう! 貪欲になるほど、自分の理想が叶うはず。

14日の午後から16日までは、恋に専念できる時期。いつもより丁寧な心配りができるので、好きな人と積極的に接点を持って。おしゃべりがもっと仲良くなれるカギ。

出会いを求めている人は、多くの異性と言葉を交わすほど恋のチャンスが生まれやすくなります。平日ですが、婚活パーティーや男性との食事会に参加できればいいですね。

蟹座(6月22日~7月22日生まれ)


11日に起こる新月では、お金に関する計画が持ち上がりそう。それは、マジメに将来を考えた上での根本対策だったり、長期に渡るお金の運用を検討することだったりします。

すぐに何か行動を起こすわけではないかもしれませんが、あなたの中でお金に関する価値観が変化するようです。

好きな人がいるなら、13日以降は要注意。焦って強引な態度を取るとか、自分本位なアプローチをして空振りするなど、失敗しやすくなるはず。

お盆休みに入って、好きな人と会えなくなる人は、特にその傾向が強いかも。意味不明なLINEの連投はしないように。自分の中の不安をどう処理していくかが大切です!

16日の夜から恋愛運がアップ! 次の週末は、デートや婚活パーティーなど、楽しい予定を入れると良さそう。

獅子座(7月23日~8月22日生まれ)


お誕生日を迎えている獅子座さん、おめでとうございます!

11日は、獅子座で新月が起こり、部分日食というスペシャルなお月さまです。眠っていた才能や個性を発掘して、『新しい自分』を見つけるかもしれません。

またそうした発見は、人生の新しい方向性を決める重要なきっかけになるはず。今すぐには「コレの何が大事なんだろう?」と、いまいちピンと来なくても、来年の1~2月頃には「ああ、こういうことだったんだ!」と深く納得できるようです。

13日から数日間は、仕事や日々の生活に焦りを覚えるかもしれません。お盆休みを取る場合も、現状に不満を覚えるとか、帰省して親に結婚を催促されるなど、何となく不安な感じに。

とはいえ、それは一時的な傾向なので、あまり慌てないように。次の週末を迎える頃には、冷静さを取り戻せるでしょう。

乙女座(8月23日~9月22日生まれ)


新月が起こる11日は、自分の心を見つめ直すことになりそう。

ひょっとすると……苦手なものを直視したり、普段は見て見ぬふりをしている部分に、あえて目を向けたりするかもしれないんですが、面倒くさがらずやると良いですよ。目からウロコが落ちるように視野が広がり、ものの見方が洗練されるはず。

13日以降、恋愛面で焦りが出やすくなります。早とちりや強引さが出ると、好きな人に引かれてしまいますし、婚活パーティーなどでも男性ウケが悪くなるでしょう。

すぐに結論が知りたい! 早くアプローチしたい!

そんな気持ちが湧き上がっても、あえてガマン……。慎重にタイミングを見計らうことが大事です。

天秤座(9月23日~10月23日生まれ)


11日の新月は、人間関係に動きがある様子。好きな人との仲も盛り上がるようなので、週末は家に引きこもらず、二人きりで会える約束を取り付けて。

誘ってもらうのを待つなんて、もったいない! 自分から食事に誘っては?

また、友人との交流がさかんになり、友情と信頼をひしひしと実感するのかも。この時期は、疎遠になる人と、今まで以上に親密になる人がハッキリ見えてきます。距離ができる人は、「そろそろ縁が切れる」という潮時を迎えているので、ムリに追いかけないこと。

13日以降、恋愛運が良くも悪くも落ち着きます。9月中旬までは、ガツガツした傾向が薄れるので、「準備」や「計画」をするには良いタイミング。

仕事など、恋以外のことが忙しくなるなら、そちらに専念するのも良さそうです。

蠍座(10月24日~11月21日生まれ)


社会人として、自分はどう仕事と向き合っていくか。どんな仕事に情熱を注ぐべきか。

そんな思いが、11日の新月に湧き上がるようです。

これは当日だけに限らず、今後半年くらいは続くはず。将来に迷いを覚えている人や転職を考えている人は、これから自分が進む道をじっくり見極めていってください。

恋愛運は上々。次の週末、19日はピンポイントで運気がググッと上がりますが、それまでも高め安定の運気に守られます。

片思いをしているなら自分からアプローチを! 好きな人とは『会話』を大切にして。

射手座(11月22日~12月21日生まれ)


11日の新月は、古い自分を脱ぎ捨てるきっかけをもたらします。それまでは迷いがあったとしても、この日を境に新しい人生を求めて動き出すでしょう。

あるいは、自分が選んだ道とは違う道に、新たな可能性と期待を見出すかもしれません。人生の方向性がガラッと変わったとしても、とりあえず進んで大丈夫。

この時期の決断は、少なくとも2019年の1~2月頃まで継続していきます。来年の始めに、自分が進んできた道のりを振り返り、きっと納得できるはずです。

恋愛は「現状維持」か「保留・お休み」が続く様子。好きな人がいるなら、ガッカリするかもしれませんが、射手座さんはあと2カ月半で大きな運気の流れに飲み込まれていきます。

それを人生の好調期とするか、翻弄期となるのかは、今をどう過ごすかにかかっているでしょう。恋愛も大事だけど、自分のことを最優先するのが賢い選択ですよ。

山羊座(12月22日~1月19日生まれ)


新月が起こる11日以降、印象的な影響があるんですが、それをありありと実感することは難しいかもしれません。なぜなら山羊座さんの場合、自分の意志に関係なく、「引継ぎされるモノ」「与えられるモノ」に、影響を受けることになるから。

職場で先輩から引き継ぐ案件だったり、親から譲り受けるものだったりに、実は深い意味がありそう。面倒くさいと感じても、むやみに拒否しないほうが良いですよ。

何が自分にどう作用しているかは、13日をすぎると、何となく把握できるようになるはず。

この週の恋愛運はなかなか良い感じ。本来の自分を曲げないほうがいい部分と、柔軟に受け入れるべき部分をうまく見極められるので、好きな人との距離は縮みやすいはず。

水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)


11日の新月がもたらすのは、パートナーシップ。好きな人との関係を見直して、誰が自分にとって大事な存在なのかを見極めることになりそう。

その結果、好きな人が友人に格下げになる可能性もあるし、仕事仲間と思っていた男性が彼氏候補に浮上する可能性もあります。

たとえ心を傾ける相手が変わっても、それは気の迷いではありません。今の時期の『切り替え』は、あなたにとって大事な選択になるはず。

もし、しばらく焦燥感に悩まされていたり、何かと空回りすると感じていたりするなら、13日を境にしてモヤモヤが消えていくでしょう。自分のペースを取り戻して、地に足のついた言動を示せるようです。

魚座(2月19日~3月20日生まれ)


11日は、日常生活を見直し始める様子。新しい風が吹き込んで、自分の意志に関係なく、変えなければいけない部分が出てくるかもしれません。

それが現時点では、先の見通しがつかないものだとしても、不安にならなくて大丈夫。この時期に変えるところについては、来年の始めに「ああ、そうだったのか!」と納得できるはず。

13日は、好きな人と心がうまく通じ合わないと感じる可能性が。ぶつかり合ったり、すれ違いが起きたりしたら、視野を広く持って。小さなことにこだわらないようにしましょう。

そうすれば、離れていてもコミュニケーションが取れて、相手の気持ちを読み間違えることもないはず。たとえうまくいかない部分があっても、冷静にスルーして次にチャンスを見出せるようです。

(沙木貴咲/占い師)

■占いの上手な使い方【イヴルルド遙華】強運を取りこぼさない方法
■≪性格診断≫未来であなたが手にする幸せのパターンチェック!
■自己アピールの大切さと効果的な方法!やればいいってモンじゃない

あなたにおすすめ