嵐・二宮和也、『VS嵐』竹内涼真と共演で「渡海先生と世良先生!」とファン歓喜


 毎週ゲストとのアトラクションゲーム対決が見どころの『VS』(フジテレビ系)。8月9日に放送回は、ゲストには竹内涼真、浜辺美波、川栄李奈、矢本悠馬、福本莉子、新川優愛の映画『センセイ君主』チームが出演した。

番組内では「クリフクライム」「キッキングスナイパー」などで対戦を行っていたが、最初の「ボンバーストライカー」の前に、『センセイ君主』チームの竹内が、「2000年生まれが2人いるから頑張りたい」という話題で、嵐は「2000年生まれなら我々のスケスケ衣装知らないんだね!」と、デビュー当時嵐が着ていた上半身がビニール素材のスケルトン衣装を持ち出し自虐。スタジオを笑わせた。

また、その後もゲストチームの年齢差に関するトークが展開。川栄は、18歳の浜辺と福本がすごくおとなっぽい代わりに「竹内くんがすごい子どもです」と発言し、竹内がタジタジになる一幕も。竹内が「嫌だった? 現場とかうるさくて」と聞くと、浜辺が「いや、あの……ムードメーカーでしたね!」とフォローしていた。

さらに川栄は「竹内が女っぽい」ことを暴露し、その理由として絵文字の使い方が「絵文字をたくさんつける。3つ並べてニコニコ、キラキラ、ニコニコとか」と意外な一面を披露すると、これに反応したのが二宮和也。「あなたから来るLINEの絵文字は全部ほっこり顔だよ」と川栄に便乗して暴露していた。

その後、嵐チームの番に切り替わると、竹内が二宮との共演裏話として「たくさん差し入れしてくれた」と笑顔で話し、二宮が「お弁当の話もしてあげなよ」と自ら促すと、「すごくいいお弁当とラーメン屋さんが現場に来ました!」と元気よく回答。また、逆に二宮から見た竹内の印象は「基本装備が小学校6年生くらいで止まってる」というもの。スタッフに呼ばれて現場に入る際に、竹内が全力疾走していることなどを明かし、スタジオの爆笑をさらっていた。

ゲームは最終的に嵐の勝利で幕を閉じたが、この日の放送にネットからは、「世良先生と渡海先生のツーショット見れて幸せ過ぎた……!」「ニノと竹内くんのLINE見たすぎる! 公開してくれないかな(笑)」「ニノが竹内くんのことすごく気に入ってる感じが伝わってきてよかったー」といった声が。

ブラックペアン』(TBS系)放送終了後も、二宮がパーソナリティを務めるラジオ番組『bay storm』(bayfm)でたびたび竹内に言及している二宮。ドラマ以来の共演でファンも大喜びだったようだ。
(福田マリ)

あなたにおすすめ