カラテカ入江、副業のコンサル業で年商1億円 一流企業相手に…浜ちゃんも驚き

 お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(41)が9日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。3年前に設立した会社が年商1億円の業績を上げていることを明かし、MCの「ダウンタウン」を驚かせた。

 多くの企業の社長とのコネクションを持つ入江。お笑いタレントとして活動するするかたわら、そのコミュニケーション能力を駆使して、3年前にコンサルティング会社「イリエコネクション」を設立した。一部上場の名だたる大企業に呼ばれて講演を行うというコンサルティング業で、その年商はいまや1億円を上げているという。

 講演でのキーワードとして紹介したのが「WBC」。「W」笑う(何を言っても笑う)、「B」びっくりする(何でもリアクションする)、「C」チェックする(気配りをする)の3要素だといい、「暗い人は仕事もできないし、友達もできない」「SNSなどチェックして、コメントをしたりして距離を縮めるようにすることが大事」などと説明した。

 講演本数については「去年は年間100本くらい行かせていただいた」と入江。ダウンタウンの浜田雅功(54)からは「すごいよ」と驚きの声があがっていた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス