誰もが本格派になれる。シャープの「自動調理するスマート鍋」「水蒸気の熱で調理するオーブン」は、料理を簡単にするだけじゃない#SKS

20180810_hotcook
Photo: とよた
ヘルシオシリーズの電子鍋ことホットクック

試食でも「ごちそうさまでした」って言っちゃうくらいに本格派。

8月の8日・9日にわたって「食 & 料理×テクノロジー」がテーマのイベント「スマートキッチンサミット」が開催されました。展示では、ずっと前から気になっていたSHARP(シャープ)のヘルシオシリーズ「ホットクック」を発見。これは自動で調理をしてくれるスマート鍋なんですけど、初めて実機を目の前にして、その手軽さと機能のマメさには恐れ入ってしまいました。会場には水蒸気の熱だけで調理する「ウォーターオーブン」も。

スマートキッチンの力で料理ってここまで簡単になるのか、と改めて実感しました。

お手軽&本格派なスマート鍋「ホットクック」


ホットクックは、簡単にいうと炊飯器のお料理ができるバージョン。材料を入れてフタをして、あとはレシピに合わせた設定をしておけば勝手に料理が出来上がります。



しかも、レパートリーはシンプルに作れそうなスープや味噌汁だけでなく、牛すじの煮込みやキーマカレーなど、かなり幅広い。

また、このお鍋のために提供されている材料や調味料のパック「ヘルシオデリ」があるのですが、その内容はプロの料理人さんとシャープが共同で開発しています。会場で割烹「幹東」の星野 幹東さんが監修した「牛やわらか煮」を試食したところ、材料をぶち込んだだけとは思えないほど大変に美味でございました。まるで料亭で食べるような牛すじのプリプリさ(料亭行ったことないですが、すごく柔らかかった)。自分であそこまで作るには、だいぶ手間がかかりますよ。私ならきっと下準備の時点でめげます。
20180810_hotcook2
Photo: とよた
内ブタに取り付けられたアタッチメント。かぎ爪の部分で鍋の中身をかき混ぜます。取り外し可能

そして私がずっと気になっていたホットクックの大好きポイント、それはアタッチメントの「まぜるやつ」。この製品、具を混ぜることに関してのこだわりが半端じゃないんです。

「まぜない(この場合アタッチメントを取り外す)」「たまにまぜる」「よくまぜる」「高速でまぜる」と、レベルを細かく設定できるほか、煮崩れしやすいお芋料理では火が通ったあたりで混ぜ方を変えることまでできるんだそう。これなら、たとえば煮崩れしがちな肉じゃがを混ぜすぎて、なんだかよくわからない和風マッシュポテトに化けてしまうことも防げますね。ありがたい。

ホットクックがあれば、じっくり煮込み系料理で鍋を焦がすことも、とろ火のコンロの前に延々と立っている必要もありません。また、煮物は冷めてから味が濃くなるから薄めで味付け…とか気を使わなくても、本当に美味しくできあがります。今回は自分で試すことはかないませんでしたが、試すまでもなく簡単便利だし、胃袋までつかまれちゃいました。

鉄板も使える水蒸気オーブンレンジ「ウォーターオーブン」

20180810_wateroven
Photo: とよた
かなり大きめの30Lモデル。本体下部の右側にある切れ目が水のタンク

さらにもうひとつ驚いたのは、水を使って調理する「ウォーターオーブン」。水タンクが本体下部についており、蒸気の力で具材を均等に熱してくれます。レンジやヒーターなど加熱方法を折り合わせる一般的な過熱水蒸気オーブンレンジとは違い、最後まで水蒸気の熱だけで調理するのが特徴です。一見、なんの変哲もないオーブンレンジなんですが、ディスプレイに要注目。なんと、「おはなし」なる音声アシスト機能がついてるんですよ! ちなみに、アシスタント的な名前はないみたいです。

音声アシストは何に使われるのかというと、その秘密はウォーターオーブンの「おまかせ」機能にありました。この機能では、名前のとおり「おまかせ」で調理をしてくれるんですが、「焼く」「蒸す」などの調理方法を設定できるだけでなく、材料やメニューの指定から調理をスタートさせることもできるんです。

たとえば、音声アシスタントに「今日じゃがいもとニンジンが余っちゃってるんだけど、おすすめのメニューない?」と聞くと、献立を表示してくれ、そのまま調理までしてくれるというわけです。もう、お料理界のドラえもんは現代にやってきていました。
20180810_wateroven2
Photo: とよた
なかには同梱の鉄板と網が入っていました。焼き菓子やグリルに使える!

また、オーブン機能では同梱の鉄板や網を使用できます。私は電子レンジとオーブンの両方を兼ねた「オーブンレンジ」じゃないと物足りなくて嫌なタイプなんですが、付属で鉄板や鉄網があるなんて、いよいよ本物のオーブンって感じ。かなり使い勝手がよさそうです。サイズも、30Lモデルはもはや電子レンジと呼ぶには大きすぎるくらい。外付けオーブンとして役立ってくれそうな一台です。


ホットクックもウォーターオーブンも、家族向けサイズと少人数向けサイズの2モデルが展開されています。どんな住まいでもスマート家電を使えるのって優しい!

Source: SHARP, SKS Japan

あなたにおすすめ