「お盆玉」の認知度上昇 お盆に子供や孫にお小遣い「こっちが欲しいわ!」の悲鳴も

しらべぇ

2018/8/10 13:00


(C)ぱくたそ

9日、あおぞら銀行は毎年実施している「シニアのリアル調査」の結果を発表し、「お盆玉」の認知度が高まっていることを伝えた。この調査結果を受けて、ネットではお盆玉について賛否両論が巻き起こっている。

■お盆玉の認知度は?


あおぞら銀行が2014年から行っているのは、全国の55歳から74歳までの男女約2000名を対象に行っている「シニアのリアル調査」。

この調査で、お盆の時期に子供や孫にあげるお小遣い「お盆玉」という言葉を知っているかの問いには、知っていると答えた人が全体の37.2%と、認知度が前年の28.9%から8.3ポイント上昇したそうだ。

■女性のほうが敏感?


なお、しらべぇ編集部も2016年、全国20~60代の既婚男女780名を対象に、お盆玉についての調査を行っている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

全体では26.3%の人が知っていると回答していた。世代問わず、女性のほうが敏感であることが見受けられる。今回のあおぞら銀行での調査でも、男性シニア32.2%に対し、女性シニア42.0%と、女性が男性を10ポイント近く上回っているようだ。

■「こっちが欲しいわ」「元気玉で十分」


「帰省してくる子供や孫がいる」と答えた割合は64.4%。そのうち約半数が「帰省にかかる交通費を負担している」と回答し、平均負担額は30,100円。さらに、交通費以外で子や孫が帰省した際に使う金額は、平均44,500円となっている。

つまり、子供や孫が帰省してくる際の平均負担額の合計は74,600円。ここから、「お盆玉」の平均金額と発表された平均金額5,800円が追加…。「お盆玉」の調査結果や平均金額を知り、ネットでは賛否両論。

しかし、子供や孫への負担が高額であることもあり、嘆きの声も多数みられる。

・年金暮らしにこの負担額はつらいでしょ。変なもんつくるなって。ただでさえ夏休みはお金かかるんだから

・待って、待って。大人たちは子供たちに楽しい思い出をつくるために、ただでさえ時間と金を捻出してるのに、お金もあげろってか。こっちが欲しいわ!

・やめてほしい。 お年玉も家計に響くのにあげざるを得ない風習… お盆玉も当たり前な世の中になったら正直辛い。

・熱中症に気を付けて、の想いを込めて、塩飴を「元気玉」と差し上げるので十分

・じいじやばあばが交通費を負担しないと帰省しないのか、涙が出るわ

■風習化はつらい?


そもそもお盆玉は、2010年に包装資材・文具メーカーの株式会社マルアイが「同社による造語」と紹介し、商標登録も行っている(2010年8月23日出願/2011年4月22日登録)。

その後、郵便局で「お盆玉袋」が発売されるようになってから、少しずつ認知されるようになったとか。

遠距離などで普段は子供や孫に会えない人もいるだろう。「会えたときくらいは喜ぶ顔が見たい!」という気持ちでお金をプレゼントするおじいちゃんやおばあちゃんも少なくないのかもしれない。

ただ、お年玉のように風習化してしまうと苦しく感じる人も少なくないはずだ。

・合わせて読みたい→今年の帰省どうする?顔出すだけじゃない”気遣い”で楽しいお盆休みに

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1376名(有効回答数)

あなたにおすすめ