DAIGOにPUFFY!超特急「“超”超フェス」で豪華コラボ続々

 男性6人組「超特急」が8日と9日、東京国際フォーラムで主催イベント「“超”超フェス」を行った。

 ジャンルを超えた豪華ゲストとのコラボが見どころで、初日はリーダーのリョウガ(23)が「“超”の字が1つ増えた。去年を超えますよ!」と意気込み開幕。メンバーと親交があるDAIGO(40)は超特急の自己紹介をまねて「10号車代表、イメージカラーはゴールド、DAIGOです!」とあいさつ。自身が出演するランドセルのCMソングを大合唱するなど会場を沸かせ「まさにKIF。この夏一番のフェス」と称えた。

 タレントのコロッケ(58)はメンバーにドナルドダックなどの物まねを伝授。女性デュオ「PUFFY」は「アジアの純真」などヒット曲でメンバーとコラボし、8号車(超特急ファン)ら集まった観客5000人を盛り上げた。

 9日は前日8日に発売されたばかりの新曲「Jesus」でスタート。バンド「FLYING KIDS」が登場し、「ファンキースター」をボーカルの浜崎貴司(53)と超特急のタカシ(21)の“Wタカシ”が交互に歌うパフォーマンスを披露。他にDJ和、3人組ユニット「ベリーグッドマン」が出演。リョウガは「来年は『“超”超超フェス』をやります!」と宣言した。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス