シェフの饗宴! 「浅草ビューホテル」のサマーバイキングで和洋中の逸品を堪能


●シェフこだわりの料理を思う存分に味わえる
東京が誇る観光地の代表格・浅草。外国人観光客も年々増えているこの地で、観光拠点として世界中のお客さんをおもてなししている老舗ホテルが「浅草ビューホテル」だ。2017年末には、海外からの観光客らにニーズに応えるべく、1Fフロアを和モダンな落ち着いた雰囲気に一新するなど、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて改革を行っているという同ホテル。この夏、「シェフの饗宴 グルメバイキング View1グランプリ」なるイベントを開催するとのことで、試食会にお邪魔してきた。

○今までにない斬新なホテルバイキング

「シェフの饗宴 グルメバイキング View1グランプリ」は、20年間毎年恒例となっていたサマーバイキング「サンサンバイキング」を、「食のView、味のView」をテーマに一新して開催されるバイキング。

ところで、「View1グランプリ」ってなに?という疑問なのだが、これはただ単にバイキング料理を食べるだけでなく、エンターテイメントとしても楽しんでもらうべく、和洋中それぞれのシェフが考案した料理をスペシャルブースで実演。実際に食べたお客さんによる投票で、ナンバーワンシェフを決めようというもの。

フライヤーに「こんなバイキング、今まであっただろうか!?」と書かれている通り、確かにそんなバイキングは経験したことない。そうなると、「私のことは嫌いでも浅草ビューホテルは嫌いにならないでください!」と叫ぶシェフや、開催中に卒業宣言したり週刊誌に取り上げられるシェフが現れるのかも……などといらぬ妄想をしてしまいがちだが、そういうことではないことは、総料理長の小堀仁さんをはじめとする貫禄漂うシェフたちとズラリ並んだ豪華料理を見れば一目瞭然。これはふざけている場合ではない。襟を正して料理をいただいてみた。
○シェフ自慢の一皿が勢ぞろい

洋食の「フォアグラのソテーポルチーニ焼きリゾット添えバルサミコソース」は、煮詰めたイタリア産バルサミコソースの甘酸っぱさにより、フォアグラの濃厚さを際立たせている。絶妙な柔らかさのリゾットのまろやかさもあり、うっとりするような一品だ。

中華では、鴨の燻製、自家製チャーシュー、若鶏の照り煮等、香港名物のチャイニーズバーベキューが楽しめる。鴨の燻製が香ばしく、特におすすめだ。

和食では、鯛をさばくシェフの技術も目を見張る「海鮮 鯛しゃぶ」が実演提供される。出汁にさっとくぐらせて野菜と共に食べる鯛は、ほっとするような味わいだった。

また、デザートも豊富な種類が取り揃えられており、浅草ビューホテルラウンジ穂乃華で一番人気の和栗モンブランが「デリシャスモンブラン」として提供されるなど、別腹には収まり切りそうもないから、スイーツ好きには嬉しい悲鳴なはず。8月10日(金)から8月18日(土)まで実施されるのでグルメファンはお見逃しなく(料金等詳細は浅草ビューホテルHPまで)。

●那須をテーマにしたビュッフェも同時開催
○那須の自然が育んだ絶品料理たち

また、この日は浅草ビューホテルと同じ運営会社が経営する「那須りんどう湖レイクビュー」に併設する、食の複合型施設「那須の恵みMekke!」の夏限定ビュッフェ・メニュー(開催中~9月17日(月)まで)もお披露目され、那須のご当地食材を使ったメニューが紹介された。

特におすすめしたいのが、「野菜のしゃぶしゃぶ」。那須高原産の紅芯大根や白美人葱など、さっと湯掻いて食べる新鮮な野菜は、夏場のくたびれた体をシャキッとさせてくれた。銘柄鶏「那須どり」を使った「タンドリーチキン」や豚肉の旨味が凝縮された「ボロニアソーセージ」もジューシーで美味しい。

地元産のヨーグルトや牛乳等、どの料理にも体を元気にしてくれる大地のエネルギーが感じられるものばかり。ちなみに、「那須りんどう湖レイクビュー」には“歌って踊って働くアイドル”「Prism Bell(プリズムベル)」もいるから、ますます元気をもらいたい人は要チェック。この夏は、会社の仲間や家族、友だちと那須を訪れて、大自然の恵みを堪能してみてはいかがだろうか。

●information
「浅草ビューホテル」
東京都台東区西浅草3-17-1
03-3842-2127
「シェフの饗宴 グルメバイキング View1グランプリ」
8月10日~18日
①12~14時 ②17~19時 ③19時30分~21時30分(いずれも2時間制)
※詳細はHPまで

「那須の恵み Mekke! ビュッフェ&マルシェ」
栃木県那須郡那須町高久丙414-2
0287-76-3111
夏季限定ブッフェ
7月14日~9月17日
※詳細はHPまで

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス