大事にしすぎなくていいんだよ、流行りなんて。UNTITLED BY KIKUNO

Glitty

2018/8/10 10:30


何かを選ぶときの基準ってあるじゃない。

たとえば服とか、化粧品とか、家具とかなんでもいいんだけど。

人それぞれ、それなりになんとなくではあるけど、決まりってあると思うのね。

先日、仕事先の人から「服を選ぶ基準って何ですか?」って聞かれて、自分の基準について考えてみた。

人と被ることをいちばんに嫌う子どもだった


このコラムを読んでくれている方の多くはもうお分かりかと思うのですが、私は流行りにまったく興味がない。

だから、「流行っているから」という理由でモノを買うことはまずない。

というか、みんなが欲しがれば欲しがるほどいらなくなる。

たとえば買い物してるとき、「残り1点です」とか「このお色がいちばん人気です」とか言われると、「じゃあそれはいらない」となってしまう質です。

子どものころからそうらしいのだけど、人と被ることをいちばんに嫌う。

流行ってるブランドのTシャツでも、最新のものよりも3シーズン前くらいのものが着たい。

むしろいつ出たのかわからんようなものが着たいのだ。

流されていくだけじゃ、「らしさ」は身についていかない


でも、別にトレンドを意識することが悪いって言ってるわけじゃないのよ。

だってパンツひとつでも、シルエットだったり合わせかただったり、私もトレンドによって何かしら影響を受けているはずだから。

気づいていないだけで、きっとどっかしらで勝手に意識しちゃってることはあると思うから。

何を言いたいかと言うと、流行りをベースにモノを選ぶのはどうなのかってとこ。

ちゃんと「それを選ぶ意味」を見つけてほしい。

みんなが持ってるから、みんなが欲しがってるから、とかじゃなくて、自分がそれを選ぶ意味を、自分で理解することはとても大事だと思う。

いくら流行りの服で全身コーディネートしていても、その人らしさは見えないじゃない。流されていくだけじゃ、「らしさ」は身についていかないと思う。

生きていくうえで、流行は無視できないし、むしろ私はアパレル業界で生きているわけだから大事にしないといけないところなんだと思うんだけど。

固執しすぎもよくない。

大事にしすぎなくていいんだよ、流行りなんて。それより自分らしさのほうが大事じゃん。

好きなもの着て、あなたらしさがあるほうがずっと、素敵だよ。

>>連載「UNTITLED BY KIKUNO」をもっと読む

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス