顔は可愛くなくていい!?ちょいブスがモテる理由がスゴイ!

愛カツ

2018/8/9 09:45


美人じゃないけど、ブサイクでもない。いわゆるちょいブスを選ぶ男性は意外に多いもの。

事実、婚活サイトでも超美人より、ちょいブスのほうが成婚率は高いのだとか。

「キレイな子がいいんじゃないの?」と思ったそこのあなた! 女性にはわからない男の心理について、実際の証言をもとにご紹介したいと思います。

モテ

■ ■情が深く、性格がいい

「顔はブス寄りで、クラスのかわいい女子ランキングなら15番目くらいの微妙なライン(笑)でも、いつもニコニコして親しみやすく性格がいい。大人になっても思い出すのは、ナンバーワンの子よりそっちなんだよね」(誠司さん/28歳/会社員)

美人の多くは近寄りがたく、大ブスは卑屈。その点、自分を知っているちょいブスさんは謙虚で素直。敗者の心情も理解できるので他人に対しても優しく、細やかな気配りができる。男性は、見た目ではわからない、そんな性格の良さにちゃんと気づいているようです。

■ ■意外なギャップにやられる

「とくに美人じゃないF子とお酒を飲んだら、酔った表情や仕草がゾクゾクするほど色っぽくてドキッとしたね。思わず抱きたくなる彼女に魔法をかけられたみたい。俺、美人が好きだったはずなのに……」(TOSHIさん/31歳/自営業)

男性はギャップに弱い生き物。普段とは違う一面を見たとき、そのギャップが大きいほど恋に落ちる可能性大。

スポーティーな彼女が自分で着物を着たり、大人しそうな彼女がクラブクィーンだったり、恋愛経験が少なそうな彼女がセクシーなエッチをしたり……。A面とB面の振り幅が大きいちょいブスさんなら、そのギャップが強力な武器になるようです。

■ ■ホッとくつろげる安心感

「仕事がうまくいってないとき、ふと一緒にいたくなるK子。ちょいブスなんだけど、彼女の顔を見るとホッとするんだよね」(稔さん/35歳/歯科医)

美人じゃないことを自覚しているちょいブスさんは、男性に尽くすタイプが多く、何事にも寛容です。

デートがイマイチでも「楽しかったわ」と褒めてくれる、遅れてきても「仕事、大変だったんでしょ?」とねぎらってくれる、疲れて無言でいても空気を読んでくれる、そんな彼女は男性が癒される場所として最高なのです。

■ ■かわいくみえてくるときがいい!

「美人は3日で飽きる、ブスは3日で慣れる。というのは本当。僕はどちらとも付き合いましたが、美人はブサイクに見えてくる、ブサイクの彼女は、かわいく見えてくるから不思議です」(直樹さん/26歳/会社員)

顔にコンプレックスをもつちょいブスさんは、自分がかわいく見える方法を研究します。その努力の結果、表情が豊かで男性を飽きさせることがありません。

噛めば噛むほど味が出てくるスルメのように、平均以下のラインからジワジワと上昇し、男性をリピーターにしていくのです。

■ ■俺がいなきゃ……と思う

「キレイな子の歯に青のりがついていると許せないけど、ちょいブスの子だと『俺だったから良かったけど気をつけろよ』と言いたくなる(笑)」(ビンさん/38歳/公務員)

ちょいブスはモテない、自分から男を振ることはない、捨てられないように必死だ。そんな先入観から「こいつには俺しかいない、俺が守ってやらなきゃ!」と父性本能を刺激される男性たち。

ちょいブスさんとイケメンのカップルが多いのは、この思い込みのせいかもしれません。自分の彼女が、モテるのとも知らずに……。

■ ■おわりに

美人をモノにしたいという男の願望は、満たされた時点で簡潔します。それに対して、ちょいブスさんとの恋愛は優しさ、ギャップ、癒し効果で、気づけば男性にとって居心地の良いカウチになってしまうようです。

美人のあなたも、そうでないあなたも、恋愛のかけひきに、この“ちょいブス効果”を取り入れてみませんか?

(5656/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス