スタバも公認の「コーヒーレモネード」ほか、海外発のひんやり夏ドリンク3選

女子SPA!

2018/8/10 08:45



アイスコーヒーにシロップやミルクを入れるだけなんて、つまらない! そんなときにおすすめなのが、アイスコーヒーにレモネードを組み合わせた飲み物。これ、あのスタバも公式ウェブサイトでレシピを紹介している飲み方なんです。

今回はこの「コーヒーレモネード」の他、海外発のおすすめドリンクアレンジをご紹介します。

◆意外と美味しい!コーヒー×レモネード

「コーヒーレモネード」は数年ほど前から、ニューヨークのカフェなどでじわじわと人気が出てきています。冷たいアイスコーヒーにレモネードの爽やかな香りがプラスされて、ごくごく飲めてしまうんです。

スタバ公式ウェブサイト(英語)によると、作り方は超簡単。

1. グラスに氷を入れる

2. そこにコーヒーとレモネードを2:1の割合で注いで混ぜる

3. 最後にスパークリングウォーター(炭酸水)を少量加えて、レモンを添える

※アイスコーヒーは、通常の2倍のコーヒー粉を入れて抽出し、コーヒーの香りと味をしっかり出しておくのがポイント。

◆ハワイではド定番!パイナップルジュース×アイスティー

ハワイのレストランやカフェで人気のドリンクが、パイナップルジュースとアイスティをブレンドしたもの。「プランテーションアイスティー」という名前で販売されているお店が多いです。

ハワイはパイナップル栽培が盛んで、年間を通していつでも新鮮で甘いパイナップルが収穫できるためか、こんな飲み物が定着しているんです。ちなみに、お店によってプランテーションアイスティーはおかわりが無料のところもあります。でも中には、おかわりの場合はアイスティーだけ足される、という場合もあるようです。

自宅で作るのなら、氷を入れたグラスに無糖紅茶と100%のパイナップルジュースをお好みの分量でミックスしましょう。

◆超ヘルシー!リンゴ酢×フルーツ

ここ何年かで海外セレブなどの間で注目度が上がっているのが「アップルサイダービネガー」、つまりリンゴ酢のこと。そのリンゴ酢をベースに、フルーツや生姜、レモンなどを加えた飲み物「スウィッチェル」が、アメリカやヨーロッパの美容意識の高い女性の間で話題になっているんです。

疲労回復や整腸作用にもいいと言われるお酢が基本材料のため、ヘルシー度は抜群。しかも爽やかですっきり飲めるから、夏の暑い時期にはピッタリです。日本でも粉末タイプやドリンクタイプのものが販売されてきています。

====

紹介したアレンジは簡単なものばかり。少しの工夫で、ふだんとは味を楽しんでみては?

<文/佐藤まきこ>

あなたにおすすめ