マンガ愛を語る松岡茉優の嫌いな〇〇〇とは?

ザテレビジョン

2018/8/10 07:45

8月11日(土)から松岡茉優と千鳥が出演する「LINEマンガ」のテレビCM全4篇の放送が開始される。

「松岡茉優の #マンガが好きだっ (僕等がいた篇)」では、松岡は「僕等がいた」の名シーンを散りばめた空間で、ストーリー展開に感情移入する様子を表情豊かに見せ、響篇では、「響~小説家になる方法」の主人公・響の名ぜりふを巨大パネルの前でかみしめるように読み上げる。

一方、「千鳥の #マンガが好きだっ (進撃の巨人篇)」では、「進撃の巨人」のミカサになり切って作品の世界にひたるノブの頭上から、ワイヤーにつるされた大悟が登場。作中に出てくる“立体機動装置”さながらに上昇していく。

また、バキ篇では、刃牙シリーズのファン歴25年の大悟が、お気に入りのキャラクター・烈海王の男気あふれるエピソードを紹介し、さらにコミカルに走る姿を再現する。

■ 松岡茉優コメント

松岡:マンガが好きな私にとってたまらない、すてきな空間で撮影できてよかったです。好きなマンガ全部、こんな空間が欲しいですね。マンガは仕事の合間や移動中、家に帰ってからも読むので、週4冊は読んでると思います。

マンガ好きでいいことは、いろんな種類のマンガを好きになればなるほど、マンガをきっかけにいろいろな方とお話しできるのがうれしいし、思った感情を共有できるのもいいところです。

でも、最終回を見るのは嫌いです。好き過ぎて、最終回を見たくなくて、まだ見てない作品が3~4タイトルくらいあります(笑)。

■ 千鳥コメント

ノブ:見どころは大悟のワイヤーアクションですね。ひょうひょうとボケているんですが、かなりつらかったでしょうね。垣間見える、マジな顔(笑)。

大悟:機械か何かでぶら下げてるんかなーって思ったら、男3人で引っ張ってて!(笑)。

ノブ:(笑)。ちゃんと持ってくれて素晴らしかったです。マンガは何だかんだかなり読んでますね。何十冊も持つとかさばるじゃないですか。でも、スマホなら1台に入りますからね。最初は、それこそ小学校のとき、「ドラゴンボール」を読んでいて、物まねでかめはめ波をよくやりましたね。

大悟:僕はマンガにはいろいろ教えてもらいましたね。「特攻の拓」で武丸がゼファー(バイク)を担いで崖から上がってきたとき、担いでる腕をやけどしていて、マフラーは熱いんやなーって知りましたね(笑)。そして、強くなろうって思いましたね。

ノブ:怖いよ、シーンが(笑)。まぁでも、そうか、それで強くなろうって思ったわけね。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158044/

あなたにおすすめ