成田凌、ヒロインと同業者役で『ビブリア古書堂の事件手帖』出演

クランクイン!

2018/8/10 07:00

 女優の黒木華と俳優の野村周平がダブル主演する映画『ビブリア古書堂の事件手帖』に、俳優の成田凌の出演が決定。本作で成田は古書店を営むヒロインの同業者を演じる。

【写真】映画『ビブリア古書堂の事件手帖』成田凌登場の場面写真

本作は、シリーズ累計640万部を超える三上延による小説『ビブリア古書堂の事件手帖』を実写化。鎌倉にあるビブリア古書堂の店主である篠川栞子(黒木)が、ひょんなことから店で働き始めた五浦大輔(野村)と共に、古書にまつわる謎と秘密を解き明かしていく文芸ミステリー。映画『幼な子われらに生まれ』で第41回モントリオール世界映画祭審査員特別賞に輝いた三島有紀子がメガホンを取る。

本作で成田が演じるのは、栞子の同業者で、漫画専門のネット販売を行う青年・稲垣。栞子と彼は、古書の“市場”である交換会で出会い、本好き同士、好きな本の話で意気投合。次第に心を通わせるようになる。一方、二人の関係を嫉妬を覚えながら複雑な想いで見守る大輔は、自分が栞子に想いを寄せていることに気づく。

成田はヒロインを演じる黒木について「ご本人がお持ちの雰囲気に加えて、男前でかっこよく、力強さを持っている方」と絶賛。さらに共演者の野村については「彼とは同い年ですが、誰に対してもフラットで、いるだけで現場がすごく明るくなるし、愛おしいやつです」とコメントしている。

稲垣の人物像のイメージについて、成田は三島監督から、詩人の中原中也と、イギリスのアーティスト・ジャミロクワイの名を伝えられたという。ひょうひょうとしながらも紳士的で、優しさと余裕を併せ持つ大人のモテ男を演じる成田に注目したい。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は11月1日より全国公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ