<半分、青い。>ユーコ、ボクテとの“永遠の友情”にファン感動!「鈴愛を大事に思う気持ち伝わった」

ザテレビジョン

2018/8/10 06:56

放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)と漫画家時代の親友・ユーコ(清野菜名)・ボクテ(志尊淳)のきずなが改めて注目されている。それぞれ山あり谷ありの人生を歩みながらも変わらぬ3人の友情に、ファンからは「いい関係」「気持ちは伝わった」といった声が上がっている。

■ 宇太郎「みんな、それぞれの道やな」

9日放送の第112回では、漫画家時代からの親友・ユーコとボクテが岐阜・梟町を訪ねてきた。

夫の仕事の都合で仙台へ引っ越したユーコは今、看護師を目指して看護学校の2年生だという。売れっ子漫画家のボクテには鈴愛の弟・草太(上村海成)がサインをお願いするくだりも。鈴愛の父・宇太郎(滝藤賢一)は「みんな、それぞれの道やな」と感慨深げにつぶやいた。

青春時代の数年間、漫画家・秋風羽織(豊川悦司)の元で切磋琢磨した3人は、人生の浮き沈みを経験しながら“それぞれの道”をつかみ取ってきた。

若い頃から“金沢の奇才”と呼ばれ、秋風塾の優等生でもあったボクテは、デビューを急ぐあまり鈴愛の「神様のメモ」のアイデアを鈴愛からかすめ取り、エロ漫画雑誌「月刊アモーレ」に連載。秋風の怒りを買い、破門になった。

しかしその後も鈴愛やユーコとの交流を続け、売れっ子漫画家に。第100回(7月26日放送)では、「あの時、月刊アモーレなんてエロ雑誌に連載し始めて、ああ、自分はもう終わりだなって思ったんだ」とつらい時期を振り返り、それでも描いて描いて描きまくり、「またチャンスは巡ってきた」と笑顔に。第112回では彼氏ができたことも報告し、鈴愛たちを驚かせた。

■ ユーコが明かしていた看護師の夢

一方、ボクテが秋風塾を去ったあとも鈴愛とともに切磋琢磨を続けたユーコは、第68回(6月19日放送)で「ほんとは看護婦さんになりたかった」と告白している。小学生のときにケガで入院し、看護師が優しく接してくれたことが嬉しかった、と。この頃、ユーコも親との間に深い確執を抱えており、「人に甘えるのってこんなに気持ちいいんだって思った。安心した」と秘めた思いを明かした。

一度はデビューし、漫画「5分待って」で連載も持ったものの、漫画を描いてばかりの日々に疲れ果てたユーコは結婚。第70回(6月」21日放送)で秋風に「ダメな人間と思われてもいい。私はもう、苦しい。ラクしたい」と涙ながらに漫画家引退の意思を伝えたシーンは、大きな感動を呼んだ。

■ 涼次は「ただの甘いだけの男」!

濃密な修行時代を経て、それぞれにつらい時期も乗り越えた3人。その絆は、梟会とはまた違った強いつながりとなって鈴愛を支えている。

夏虫の駅で律のプロポーズを断ってしまって後悔する鈴愛の愚痴をたっぷり聞き、鈴愛が苦しいスランプに陥ったときにはアシスタント作業を引き受け、漫画家をやめて新しい一歩を踏み出したときにもそばにいた。

その後も3人の交流は続く。第88回(7月12日放送)では、涼次(間宮祥太朗)との結婚に「声が素敵。青く透き通るような声なの。夏のソーダ水みたいな」と浮かれる鈴愛には、「ソーダ水なんか、気が抜けたらただの砂糖水よ」(ユーコ)、「ただの甘いだけの男ね」(ボクテ)。

思いつきのように結婚を決めた鈴愛をチクリと皮肉りつつも、鈴愛の娘・花野の1歳の誕生日にはプレゼントを持って訪れ、「この子はいつまでたっても甘えん坊さんや」(ユーコ)、「カンちゃんのお誕生日に、僕たちの永遠の友情を誓う」(ボクテ)と鈴愛をぎゅっと抱きしめた。

■ 10日放送の第113回では…

鈴愛が律と並んでいるところを約10年ぶりに目にし、思い余ったボクテがついハメを外してしまった第112回。

「2人がすれ違ったままとか絶対に嫌なの。2人が誤解したままとか、あるべきじゃない」。ボクテはお酒の力を借りて、鈴愛がプロポーズを断った本当の理由を律に話してしまった。それも、鈴愛の家族の前で…。

ユーコも律に妻子がいることを忘れ「ここはいっそのこと、ほんとのことを律くんに知らせるっていうのもあるんじゃないですか?」と同調。

素直にいい話に落ち着かないところが「半分、青い。」らしくもあるが、2人にとって鈴愛はそれほど大事な友達だ。わざわざ鈴愛の地元にまでやってきて、心から鈴愛を心配し応援するボクテとユーコに、ファンからは「この3人、ホントにいい関係!」「ボクテ…やらかしちゃったけど、鈴愛を大事に思う気持ちは伝わったよ!」といった声が上がっている。

だが、律には律の事情もあるし、思いもある。10日放送の第113回では、プロポーズを断った理由を知った律が…。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/158046/

あなたにおすすめ