壇蜜「お互いお酒飲んだくれの男が好きなのね」麻美ゆまのあなたに会いたい!

日刊大衆

2018/8/10 07:00


 先週に続いて、壇蜜さんとの対談です。いやあ、前回はうっかり話から、縛られた美人に水を飲ませるプレイの話、さらには、なぜか漢字の部首にゾクゾクするという、壇蜜ワールド全開でしたね。そんな壇さんは、変わった生き物もたくさん飼っていらっしゃるんです。

壇蜜「ナマズは4匹飼っているんですけど、ほんと、成長していくと男性のアレのようになっていくんです。水槽の中で頭を上に向かせているときなんて、そのもの」

ゆま「アハハ。確かにナマズって、ちょっとセクシーな形していますよね」

壇蜜「たまにナマズ同士で喧嘩もするんですよ。ふとしたときに縄張り争いが始まるみたいで、これがスゴイんです。川田と冬木みたいな戦いになるんです」

ゆま「は、はあ……プロレスラー?」

壇「そうです。で、冬木の反則攻撃で川田は倒れてしまうんです。川田の尻尾が取れかかって、かわいそうでした。なので、すぐに川田を別の水槽に移してあげましたけど」

ゆま「ごめんなさい。全然ついていけないです」

壇「こちらこそ、つい熱くなってしまいました(笑)」

ゆま「いえいえ。今回、私は壇さんに会うので、ぜひ教えてもらいたいことがあったんです。壇さんといえば、大人の男性から絶大な人気ですが、色気はどうやったら出せるんですか?」

壇「色気……うーん。大事なことは小声で言うことは心がけていますよ」

ゆま「おおっ! 確かに小声で囁かれると、ドキッとしますよね」

壇「そうなんです。通販の番組を見ても分かりますが、一番大事なことを言うときは声のトーンを落としているんです。大きな声で商品の紹介をしながら、ふと小声になって“今なら1万円割引いたします”というように(笑)。すると、人は、それがすごく大事なことに思えてしまうんです」

ゆま「勉強になります!」

壇「どうでもいいことでも、小声で囁かれると、人ってドキッとするんです。たとえば、“冷蔵庫にプリンがあるんです”」

ゆま「え? ほんと?」

壇「ウフフ。そんな感じ」

ゆま「確かに今、冷蔵庫にプリンがあることが、すごく重要に思えました。よく考えたら、“それがどうしたの?”って話なのに(笑)」

壇「異性を口説くときに、ぜひ使ってください」

■ダメ男と結婚するのかな

ゆま「壇さんと恋バナもしてみたいです。まず、結婚願望とかはありますか?」

壇「もし、できるなら一度はしてみたいです。結婚で何かが変わるとは思わないけど、自分の中のアイデンティティが一つ増えたらいいなぁとは思います」

ゆま「分かります。女性って結婚すると、一気に生活が変わる人も多いですけど、そうじゃないんですよね」

壇「そうなんですよね。何も変わらないけど、人妻になったということが、一つの魅力になるかもって」

ゆま「でも、壇さんが結婚したら、男性ファンは失望しちゃうのかなぁ」

壇「飲んだくれの亭主みたいな人と結婚すれば、いいのかなぁ(笑)。私は小料理屋を経営しているんだけど、夫はいつも店の2階で飲んでいて、“ばーろー、てめえ!”とか叫ぶようなダメ亭主と……」

ゆま「アハハ。IT企業の社長とかではないんだ」

壇「IT企業の社長や、スポーツ選手と結婚するなんて、とても想像できない。実際、私が今までつきあった男性も、かなりの高確率で飲んだくれです」

ゆま「アハハ」

壇「ゆまさんもダメ男好きじゃなかった? 噂で聞いたことがあります」

ゆま「噂じゃなくて、それは事実です(笑)。別にダメ男を求めているワケではないのに……」

壇「一緒です。仕事はちゃんとしている男性なのに、他のことが一切ダメなんです。いきなり、“俺、今日は靴下がはけないかもしれない”とか言い出しますから」

ゆま「靴下ぐらい自分で、はいてよ! と思いつつ、はかせてあげちゃうんだ」

壇「私はさらに、その世界に入り込んであげたくなるんです。“うそ!? はけなくなっちゃったの?”って。嘘だと知っていても、乗っかってあげたくなるんです」

ゆま「優しい。私は、そこまでできないかも」

■“俺には幽霊が見えている”なんて言う人がいたら…

壇「乗っかったほうが楽しいですよ。“俺には幽霊が見えている”なんて言う人がいたら、乗っかってあげたくてドキドキしちゃう。“え? どこに? どんな幽霊がいるの? ここ? 今、私、触ってる?”って」

ゆま「そこまで乗っかってあげるんですか? 私は、さすがに無理かも。幽霊が見えるなんて言われたら、マジでビビって、塩を撒く」

壇「でも、乗っかったほうが幸せになれると思います。男性が変なコトを言いだすと、“あっそ”と冷めた感じで対応する女性もいるじゃないですか。あれはもったいない。せっかく楽しい会話ができるチャンスなのに。前に、“ペットショップで猫をせっかく買うなら、黒猫とか白猫じゃイヤだ”という男性がいたんです」

ゆま「なんでですか?」

壇「彼いわく、“1色でも三毛猫でも値段が一緒なら、色が多いほうがいい”って言われて、“なるほど”と。こういう話を聞けるから、男性には寄り添ってあげたほうがいいんです」

ゆま「壇さんがモテる理由が分かった気がします!」

壇「いえいえ。私も妄想癖があるので、変わっている人が好きなんですよね」

ゆま「いやあ、やっぱり壇さんは最高です。どんどん、お話に引き込まれます」

壇「私もゆまさんと会えて、うれしいです。それに今日はお互い飲んだくれの男が好きという共通点も見つかって、より親近感が湧きました。また話しましょうね」

ゆま「はい! 本当にありがとうございました」

壇蜜(だんみつ)1980年12月3日生まれ。“美しすぎる32歳”としてブレイクし、グラビアやバラエティ番組に引っ張りだこに。第37回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞するなど女優業も好評。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス