トマトの持ち味を引き出す「うま味ちょい足し」料理3選

TABILABO

2018/8/10 06:00


旬のトマトはそのままかぶりつくだけでうまい。はずなんですが、なかには甘みや酸味がもの足りない“ハズレトマト”にあたってしまうことも。

こんなときでも問題なく、おいしく食べるちょっとしたアイデアを紹介します。


からくりを知ってしまえばカンタンなことなのですが、要は「うま味」を足してあげればいい。トマトに含まれるグルタミン酸のうま味との相乗効果を狙って、おいしさをUPさせていきましょう!

トマトのナムル



醤油の風味とグルタミン酸によるうま味が、トマト自体のうま味と合わさることで、おいしさを引き出してくれます。サッパリ味なので夏のおつまみにぴったり。

トマト2つを一口サイズにカットして、醤油とごま油を小さじ1ずつ、白ごま少々とコショウを適量、あとはよく混ぜ合わせるだけ。

トマトのおひたし



醤油のグルタミン酸とかつお節のイノシン酸で、うま味が倍増。ごはんに乗っけて食べたくなる、病みつきの味です。

トマト2つはくし切りにし、醤油とみりんを大さじ1ずつ。これをかつお節と混ぜ合わせて完成。

トマトのマリネ



粉チーズのイノシン酸、味噌に含まれるグルタミン酸で深みのある味わいに。これならもの足りなさを感じさせないはず。白ワインと合わせてどうぞ。

トマト2つはくし切りにし、オリーブオイル(大さじ1)、粉チーズ(大さじ1/2)、味噌(小さじ1)、お酢(小さじ1)で和えて完成。

Top image: (C) iStock.com/kajakiki

Text used with permission by FOOD CREATIVE FACTORY

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス