【一杯酒場】東京・錦糸町「四季の蔵」

アサ芸プラス

2018/8/10 05:54


下町料理「どじょうの柳川」と地酒で一杯 地域に密着した厚いおもてなしが満載の店

錦糸町駅南口すぐの商業ビルに広大なフロアを誇る「四季の蔵」。その規模の大きさから、大手資本が営むチェーン店だと思ってしまいがちだが、客ひとりひとりに合わせたきめの細やかなホスピタリティを体験すると、ここがれっきとした個人店であることがわかるだろう。

毎日河岸へ通い、新鮮な魚介類を仕入れる。酒も店名どおり、全国から四季折々の地酒をオーナーの目利きで揃える。膨大なメニューも旬に合わせて常に新しく。そうやっていつ誰が訪れても満足できる下地を作っておいたうえで、常連からの「専用グラスがほしい」という声にも応じ、メニューにないリクエストであっても極力対応する。オープンから約15年、すっかり地域に根ざす人気店となった。

名物の「本まぐろの瓦造り」のインパクトがすごい。3~4人前というボリュームもさることながら、自慢の本まぐろを縦に切り落とすことで、脂の乗った中トロから赤身まで、それぞれの部位の旨味を余すことなく味わえる仕掛け。もはや、その断面の美しさだけでも酒が進む。赤身の味わいととろける食感を両立した「黒毛和牛の炙り寿司」は、ワサビ醤油の他、スダチと藻塩でより旨味が引き立つ。滋味満点の「どじょうの柳川」も、下町ならではの味わい。

■四季の蔵

住所:東京都墨田区江東橋2-19-1 テルミナ3 2F 電話:03-3631-0200 営業時間:平日11:30~15:00、17:00~24:00 日11:30~23:00 定休日:無休

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス