Sexy Zone菊池風磨、ANZEN漫才の“コンビ愛”に感動 みやぞんを全力サポート<24時間テレビチャリティーランナー公開練習&囲み取材>

モデルプレス

2018/8/10 06:00

【菊池風磨・みやぞん/モデルプレス=8月10日】8月25日・26日に放送される日本テレビ系「24時間テレビ41 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務めるSexy Zoneの菊池風磨が9日、神奈川県大磯町にて行われたチャリティーランナーを務めるお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんの公開練習&囲み取材に、ANZEN漫才のあらぽん、坂本雄次トレーナーとともに出席した。

今年は、例年のマラソンだけではなく“SWIM(水泳)”“BIKE(自転車)”も加わった「24時間テレビ」史上最も過酷な“トライアスロン形式”での挑戦に。

この日みやぞんは、午前から練習を開始し、トータル38kmを走行。みやぞんとともに5km弱の練習に参加した菊池は「とにかくメンタル面での支えをするしかない」と全力でサポートに励むとしながら、「みやぞんさんが『あらぽんの支えが僕にとっての一番の支えなんだ』とおっしゃっていて、グッときましたね。仕事仲間でもあり、幼なじみでもあり、という関係性は正直うらやましいな、と思いました」とANZEN漫才のコンビ愛に感動。

「メンタル面を支えているのはあらぽんさんであり、周りのスタッフさんであり…僕もその内の1人になれたらいいなと思っています」と告げると、みやぞんは、先日菊池が番組収録の際にわざわざ挨拶をしに来て「頑張ってください」とだけ伝えて帰っていったエピソードを回顧。「スタッフとみんなで『かっこいい~!』って」と話していたことを明かすと、菊池は「たまたまお仕事の現場が近かったので(笑)」と照れた様子を見せたが、みやぞんは「練習は結構孤独なんですよ。なのでこうやって気にかけてもらえる方々がいると、少し心が楽になります。感謝しています」と頭を下げた。

◆みやぞん、当日は本番前からトライアスロンスタート



また、通常では番組開始後にマラソン走行スタートとなるが、今回は本番当日に放送される同局系「メレンゲの気持ち」(毎週土曜ひる12時 ※一部地域を除く)と中継を繋ぎ、SWIMからスタートさせることが明らかに。「24時間テレビ」本番放送以前より挑戦するのは、1995年の間寛平以来となる。

練習中の心境について「つらいもありますけど、楽しいですよ!風磨さんやあらぽんやみんなと接して、マネージャーさんも一緒に走ってくれて」と笑顔で語ったみやぞん。無事に完走したら何がしたいかを問われると「みんなでパーティーやりましょう!飲みましょう!釣りやったりゴルフやったりトランプやったり…」と慰労会を希望。「皆さんも来ていいですから!プライベートで!」と報道陣にも呼びかけるみやぞんの横で、菊池は終始優しい笑みを浮かべながらも「すごい敷地を要するイベントですね(笑)」とツッコんでいた。

◆Sexy Zoneがメインパーソナリティー「24時間テレビ41」



今年で41回目を迎えた「24時間テレビ」のテーマは「人生を変えてくれた人」。メインパーソナリティーのSexy Zone(中島健人・菊池・佐藤勝利・松島聡・マリウス葉)、チャリティーパーソナリティーの木村佳乃、スペシャルサポーターの南原清隆、応援団長の出川哲朗、チャリティーランナーのみやぞん、総合司会の羽鳥慎一アナウンサー、水卜麻美アナウンサーらが出演する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ