『チア☆ダン』“バブリーダンス”伊原六花の新加入に、ロックファン感涙!?

日刊大衆

2018/8/10 05:00


※画像はTBS『チア☆ダン』番組公式サイトより

8月3日放送のドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で、昨年、“バブリーダンス”で大ブレイクした大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンでタレントの伊原六花(りっか/19)に関するエピソードが、ロック好きな大人たちの間で話題になった。

第4話となる今回は、新学期を迎え心機一転と思った矢先、藤谷わかば(土屋太鳳/23)がかつて所属していたチアリーダー部から嫌がらせを受けてしまう。一方、福井中央高校チアダンス部“JETS”の見学をした“ROCKETS”は、その練習内容に圧倒された。そんな中、学校近くの福西商店街から、“ROCKETS”に祭りのゲスト出演を依頼され……といったストーリー。

伊原六花が演じるのは、チアリーダー部の1年生である麻生芙美で、先輩たちに嫌われ、部での居場所をなくしていた。そんな芙美に声をかけたわかばは、芙美が父親との思い出の曲をチアリーダー部の応援曲に提案したのだが、あえなく却下されたことを知る。その曲はロックバンド、ザ・ブルーハーツの名曲『人にやさしく』で、わかばはこれを祭りのステージで使うことを決意した。

そして、今回のクライマックスとなる商店街祭りでのチアダンスシーンで、“ROCKETS”は息の合った躍動感あるダンスを披露し、芙美に『人にやさしく』の「頑張れ!」という歌詞をエールとして送った。そのチアスピリットあふれる応援は、芙美だけでなく会場全体に響いて大歓声が起こる。そして芙美はステージを終えた8人に「私を“ROCKETS”に入れてください」と頭を下げ、同じくチアリーダー部1年生の梶山カンナ(足立佳奈/18)とともに“ROCKETS”の新しい仲間になった。

放送直後から、SNSでは『人にやさしく』への反響が大きく、「ブルーハーツの『人にやさしく』、今の若い人たち知らないんだろうな。歌の力は今も衰えずって思った」などと、多くのブルーハーツファンが感激のコメントを寄せていた。また、伊原六花についても、「六花ちゃんの演技うまくてびっくり! 今年芸能界入って初めてのドラマであんな自然な演技できるとかすごい」などと、称賛のコメントが多く寄せられていた。

「ザ・ブルーハーツで中高年に、井原六花で若年層にアピールしようという狙いなのでしょう。ここまで“ROCKETS”はダンス初心者の集まりという設定だったので踊りが微妙だったんですが、この回まで進んでようやくダンスにキレが出てきました。土屋太鳳、石井杏奈(20)、そして井原六花の3人がキレキレのダンスを毎回のように披露すれば、低迷している視聴率も上向いてくるんじゃないでしょうか」(テレビ誌記者)――ようやくエンジン全開!?

※画像はTBS『チア☆ダン』番組公式サイトより

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス