『下町ロケット』新シリーズ、土屋太鳳&竹内涼真らの続投決定

クランクイン!

2018/8/10 04:00

 俳優の阿部寛が主演を務め、10月より放送されるドラマ『下町ロケット』(TBS系/毎週日曜21時)の追加キャストが発表され、前作に出演した土屋太鳳竹内涼真らの続投が明らかになった。

【写真】日曜劇場『下町ロケット』ロケ地・新潟県燕市の様子

本作は、2015年に放送され人気を博したドラマの新シリーズ。主人公の佃航平(阿部)が社長を務める町工場「佃製作所」が、主力商品となっているロケットエンジン用バルブシステムの納入先である帝国重工の業績悪化、主要取引先からの非情な通告など、次々と絶体絶命のピンチに陥る中、新たな挑戦を始める姿を描く。主演の阿部に加え、立川談春、安田顕らが前作に続き出演することが伝えられていたが、今回、新たな続投キャストの顔ぶれが発表された。

佃の娘で両親に憧れ現在は帝国重工でロケット開発をしている利菜を、現在放送中の金曜ドラマ『チア☆ダン』(TBS系)で主演を務める土屋太鳳、佃製作所技術開発部の若手エースとして活躍する立花洋介を、TBSドラマ『陸王』『ブラックペアン』に出演した竹内涼真が務める。さらに、佃製作所で数少ない女性エンジニアとして活躍する加納アキを朝倉あき、佃の元妻でかつて佃が在籍していた宇宙科学開発機構の研究員・和泉沙耶を真矢ミキ、帝国重工の宇宙航空部本部長・水原重治を木下ほうかが引き続き演じる。

そのほか、佃製作所の命運を一身に背負って闘う敏腕弁護士・神谷修一役の恵俊彰、ライバル企業のイヤミな顧問弁護士・中川京一役の池畑慎之介も続投が決定。経営者だった夫を長年支え続け、今は息子の佃と孫娘・利菜の3人で暮らしている佃和枝役の倍賞美津子も引き続き出演し、新シリーズを盛り上げる。

土屋は、「あたたかな佃家で育ち、反抗し、悩み、決断した利菜が、今回はどこで何を思い、何に挑戦していくのか、ワクワクさせていただく機会にもう一度出会えていることが本当にうれしく、光栄です」とコメント。竹内は「3年ぶりにまたこのチームに呼んでいただけたことを大変うれしく、そして誇りに思います。3年前の撮影現場は日々緊張の連続でした。ですが、今回は堂々とカメラの前に立ち、役柄同様成長した姿をお見せしたいと思っています」と意気込みを見せている。

また、今作で大きな鍵を握る、殿村の実家である米農家の撮影は、新潟県燕市で大規模ロケを行うことが決定している。

日曜劇場『下町ロケット』は、TBS系にて10月より毎週日曜21時放送。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ