トム・ハーディ、原付泥棒追跡事件を語る

トム・ハーディが、原付泥棒を追跡した際の詳細を明かした。

昨年4月、ロンドン近郊でのこと。トムは、盗んだ原付バイクで追突事故を起こした16歳の少年を庭や工事現場で追いかけ、取り押さえた後、警察に引き渡していたと報じられていたが、今回自らその詳細に触れ、犯人の少年がまっとうな道に戻ってくれていることを願うと語った。

過去に薬物やアルコール中毒を患った過去を持つトムは、米版エスクワイア誌のインタビューの中で、「彼は自分が犯した罪に向き合う必要がある。でも彼には問題がって、思わしくない状況にある。16歳の将来をあきらめたくはないだろ?」と話したが、メディアが伝えたほどの追跡劇ではなかったとして、「そんなに追いかけたわけじゃないよ。俺が見つけた時には彼はもうめちゃくちゃな状態だったんだ」と説明している。

その追跡事件が報じられた際、トムは現実世界の「スーパーヒーロー」として称賛されていた。目撃者の1人は当時の様子について「あれはすごかったですね。トムはアクション映画のスーパーヒーローに変身したようでした」「2人の少年たちが原付を盗んで信号無視をしたところ、車に激突したんです」「トムはその近くを歩いていたんだと思います。彼は無我夢中で2人を追いかけていて、すごく怒っていましたね。もしその少年が抵抗なんてしようものなら、トムにぼこぼこにされていたと思いますよ」と語っていた。

そしてトムはバス停でその少年を捕まえた後、凶器を持っていないかを確認し、周囲に向かって「捕まえた」と話していたそうだ。

前述の目撃者によると、捕まった少年は「とてもショックを受けた」様子だったそうで、「トム・ハーディは絶対に敵にしたくない相手ですね。彼は警察が来る前にその少年の身分証明証も確認していましたよ」と続けていた。

あなたにおすすめ