岡田将生、『銀魂2』女装に自信! シャクレはできず橋本環奈に弟子入り


映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の完成披露試写会が9日に都内で行われ、小栗旬菅田将暉橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、佐藤二朗、福田雄一監督、エリザベスが登場した。

同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗旬)の間に起こるさまざまな事件を描く。2017年に公開された映画『銀魂』は、最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画ではNo.1の成績を記録した。

撮影中のエピソードを聞かれると、小栗は「シャクレ」シーンを振り返る。小栗は「監督に『ガシャ、ウィーン、という感じでしゃくれて欲しい』と言われて、それが完璧にうまくいったタイミングがあったんですが、横の菅田が笑って」と苦笑。横でつっこむはずだった菅田は「僕の頭の中で流れてる『ガシャ、ウィーン』と、小栗さんの『ガシャ、ウィーン』がぴったりだったんですよ」と、笑ってしまった理由を説明した。

さらに福田監督は「シャクレといえば岡田さん」と明かし、岡田は「できなかったんですよね。本当すいません……」と弱々しく謝る。練習ではできるのに本番ではできなかった、という岡田は、悔しかったのか大阪ロケの帰りの新幹線でもシャクレを練習。「マスクの下ですごい練習してたの。しかも涙目」と明かし、現場でも監督に「本当に、シャクレ、できなくてすみません……」と謝っていたという。しかし福田監督は「『確かにできてなかったな』と思いながら完成した作品を見たら、できていない岡田将生が一番面白かった」と驚いていた。

一方、同じシーンを撮影していた橋本も「シャクレ」シーンがあったが、あまりに上手だったため現場では岡田から「シャクレ師匠」と呼ばれていたという。原作では岡田演じる桂小太郎が、橋本演じる神楽を「リーダー」と呼んでいるが、撮影現場では師匠と弟子だったことを明かした。橋本は「いつからか岡田さんに弟子入りされてしまった」と苦笑しつつ、福田監督から「練習していたんでしょ?」と聞かれると、「はい、1カ月くらい」と冗談とも本気ともつかないトーンで告白。岡田は「そんなに練習してたの!?」と本気で驚き、「油断してたわ~」と後悔していた。

また、キャバクラのシーンでは女装姿を披露する岡田。「映画で久々に女装姿をみたら、俺も『なんか綺麗だな』って。みんなすごく『綺麗だよ、綺麗だよ』と褒めてくれたんですよ。見たら『あ、綺麗だな』」と、自信を持った様子。出演者陣も口々に褒め称えたが、福田監督から「ただ、でかいんだよな。それで隣がカンカン(橋本)」と身長差をつっこまれ、苦笑していた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス