『銀魂2』、豪華14名が浴衣で登場! 盛り上がりすぎて小栗旬「疲れる…」


映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)の完成披露試写会が9日に都内で行われ、小栗旬菅田将暉橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、佐藤二朗、福田雄一監督、エリザベスが登場した。

同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗旬)の間に起こるさまざまな事件を描く。2017年に公開された映画『銀魂』は、最終興行収入38.4億円、2017年の実写邦画ではNo.1の成績を記録した。

「掟破り」のサブタイトル通り、紙を破って登場した出演者陣。全員が浴衣姿で登場する、祭りのような舞台挨拶となった。ついに完成した同作の感想を聞かれると、主演の小栗は「ちょっと長かったですねえ」と問題発言で、福田監督から「コラ!」と怒られる。「でもその長さを感じない、素晴らしい映画になっていたので」とフォローした。

実は初号を見た後に「真選組がかっこよすぎる」といじけ気味だったという小栗は「だってさあ、すげえかっこいいんだもんこっちの!」と訴える。菅田も「僕らがいないところの、後半に感動しました。隣で見てたんですけど、『か~こよかったねえ』って」と真選組を絶賛。橋本も「真選組がかっこよかったです。前作よりもすごい全ての部分でパワーアップしてるんじゃないかなと思います」とアピールした。真選組の土方を演じた柳楽は「やったあ。銀魂を通じて人気を上げていきたいと思います」と意気込んだ。

初参加となった窪田は、「コメディ部分もやりたかったなあ」と希望。小栗とのアクションがあったが、「旬さんは一撃一撃が強かったんですけど、サングラスとヘッドフォン、邪魔……」と装備に苦労した様子で、撮影中は小栗が窪田を盛り上げるために「かっこいい」と言い続けたと言う。小栗は「途中から窪田君は『旬さん、もう、それいいっすよ……』って」とぐったりする窪田の様子を明かし、福田監督は「毎回毎回小栗君が『かっこいい』と言っているのに、『きついんすよね~』と、窪田絶対譲らず」と撮影の様子を振り返っていた。

14人もの人数の舞台あいさつに、最後を締めた小栗は「面白い映画です。みなさんが来てくれたら嬉しいなあと思います」ふわふわとした雰囲気に。菅田が「ちょっと何、疲れてるの?」と突っ込むと、小栗は「こっちからもあっちからもスッゲー話すからさあ」とぼやく。前作の舞台あいさつでも疲れてほぼ話さなかったために、福田監督から「ニュースになっちゃったんだよね。『小栗旬、山田優と不仲で疲れてる』」と暴露されると、「いいんだよ、そんな話は!」と苦笑し、「そんなことはなかった」と否定していた。

あなたにおすすめ