浜辺美波「スカートが短すぎて…」久々の制服衣装に戸惑い


女優の浜辺美波、森川葵、俳優の高杉真宙が9日、都内で行われたMBS/TBSドラマドラマ『賭ケグルイ』Blu-ray&DVD発売記念イベントに登壇した。

3人は劇中の制服衣装で登場。浜辺は「すごく恥ずかしい。なかなか劇中衣装(で登場することは)ないので、新鮮な気持ちでやっています」と照れ、「スカート短すぎて、お辞儀をちょっと戸惑います。気を付けながらやっていきたいと思います」と話した。

高杉も「この衣装で久々にみなさんにお会いしたので緊張しています」と告白。森川も「恥ずかしいですね。ツインテールって23歳にもなって大丈夫かなと」と照れ笑いし、「久々に2人と監督に会えたのがすごいうれしいです」と再会を喜んだ。

今年1月より放送された同ドラマは、河本ほむら原作・尚村透作画の同名漫画が原作。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、学園に転校してきた謎多きギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子(浜辺)をはじめ、鈴井涼太(高杉)、早乙女芽亜里(森川)らを中心に、極限の心理バトルを繰り広げる物語で、キャラクター再現度の高さとキャスト陣の渾身の顔芸をもって原作ファンも唸る好評を博した。

イベントには、英勉監督、オープニングテーマ曲を担当したアーティスト・Re:versed(巴山萌菜)も登壇。Re:versed(巴山萌菜)は本作のオープニング曲「一か八か」を生披露した。また、ファンとキャストによるゲーム“ダブル神経衰弱”の対決も行われた。

最後には、ドラマSeason2と映画化が発表され、浜辺は「うれしいですね。今から撮影が楽しみ」と歓喜。イベントの途中に「次は…」とうっかり続編を匂わす発言をしてしまった場面があり、「言いたくて言いたくて…」と笑った。

『賭ケグルイ』Blu-ray&DVDは7月3日発売。

あなたにおすすめ