本気で好きじゃない人と付き合うことに…気をつけたいこと4つ!




恋愛対象外の男性からの告白。普段ならすぐにお断わりするけど、「彼氏がほしい」とタイミングよく思っていれば、勢いで付き合っちゃうこともあるもの。でも、それは決して悪いことではありません。彼と幸せになれるかなれないかは、これから決まることです。
そこで今回は、本気で好きじゃない人と付き合うことになった際に気をつけたいこと4つをご紹介したいと思います。

1. 今までの恋愛と比べない



本気で好きじゃない人と付き合ったとき、今までの恋愛と比べることはしないでください。「今までの恋愛はもっとドキドキしていたのに……」とか「今までのデートはもっと楽しみだったのに……」とか、もともとのスタートが違う今までの恋愛と比べるのは、あまり意味がありません。
それに、たとえどれだけドラマチックなスタートを切っていたとしても、その恋が永遠に続くわけではありませんよね?
大切なのは、目の前の彼とあなたがどういう関係を築いていけるかとういうことです。今までの恋愛は全く関係ありません。

2. 彼を好きになろうと努力しない

あなたのためにも彼のためにも、彼を好きになろうと努力をする必要はありません。気持ちって、決して自分でコントロールできるものではないですよね。確かに彼を好きになれればあなたも楽にはなるとは思いますが、無理をすればするほど自分を苦しめることになります。
始まりはどんなものであったとしても、恋愛において共通して大切なのは「自然」でいることです。自然な心で彼と過ごすことで、あなたと彼との関係が動いていくはず。

3. 相手任せにしない



本気で好きで始まったお付き合いではないとはいえ、何もかも彼任せにしてはいけません。付き合うことを決断したのなら、始まりはどうであれ、彼とあなたは「対等」です。
現実問題として、彼はおそらくあなたの心を自分のモノにしようと必死になるでしょうし、そんな彼を見てあなたはどこかで彼を下に見てしまうかもしれません。もしかしたらそういう関係を楽しみながら二人独特の関係を築いていけることもあるかもしれませんが、相手任せの恋は崩れやすく、もろいもの。
「彼を好きにならなきゃ」と、頑張る必要はありませんが、「彼を大切にしよう」とする気持ちは忘れないでくださいね。彼とあなたは「対等」です。

4. 「別れ」はしっかり見極める

本気で好きで始まった恋ではなかったとしても、あなたは、「いつか本気で好きになるときがくるかもしれない」という期待をもって彼と付き合うことを決めたはず。
でも、どれだけ彼が自分を大切にしてくれても、どれだけデートを重ねても彼への気持ちが何ら変わらないのなら、「別れ」を見極めることも必要です。
好きから始まったわけじゃない関係って、「別れ」を見極める瞬間がハッキリと見つからなくて逆に難しいんですが、むやみに期待を抱き続け「別れ」を先延ばしにすることは、あなたのためにも、彼のためにもなりません。

まとめ

いかがでしたか? 本気で始まった恋じゃないからといって、幸せになれないなんてことはありません。大切なのはキッカケではなく、「二人がどういう関係を築いていくか」ということ。キッカケばかり気にしていては前に進むことができません。
「どうせ、本気で始まった恋じゃないし……」なんていう後ろ向きな気持ちは捨てて、彼と本気で向き合ってみてくださいね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス