浜辺美波に森川葵が「大好きよ」 念願のLINE交換果たす

8月1日から公開中の映画『センセイ君主』で主演を務め、今年4月期のドラマ『崖っぷちホテル!』ではパティシエ役を好演した、注目の若手女優・浜辺美波(17)が9日、都内で開催された「『賭ケグルイ』Blu-ray&DVD発売記念イベント」に出席した。イベントには7月3日にリリースしたBlu-ray&DVD購入者から熱狂的な『賭ケグルイ』ファン60名が全国から集結、盛りだくさんのイベントを満喫したが、浜辺のファンは客席以外にもいたようだ。

シリーズ累計400万部を突破する大ヒットコミックを実写化、今年1月より放映されたテレビドラマ『賭ケグルイ』(MBS/TBS)。ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める、政財界の子女が通う私立百花王学園を舞台にした同作で、浜辺美波はこの学園に転校してきた謎多きギャンブル狂の美少女「蛇喰夢子」を演じた。浜辺とともに、彼女に翻弄されながらも、ともに成長していく男子生徒「鈴井涼太」役の高杉真宙、夢子のライバルであり、後に共闘していくJKギャンブラー「早乙女芽亜里」役の森川葵、そして英勉監督が劇中の制服の衣装で登場すると大きな拍手が沸いた。浜辺は「スカートが短すぎてお辞儀が戸惑います」、森川は「ツインテール23歳で大丈夫かな」と2人とも恥ずかしそうだ。

イベントではそれぞれお気に入りのシーンを会場の大スクリーンで紹介することになったが、森川が選んだのは、夢子(浜辺)が猫の真似をするシーン。猫のように四つん這いになって猫の手をまねて「ニャーッ!」と笑顔を弾けさせる浜辺に、森川は「かわいい」と顔をほころばせる。森川は「見たときに胸がキュンとなって、“ニャッ”としているのも可愛いけど、それにグラッとする鈴井(高杉)もすごい良かった」と興奮気味に語った。そこで森川は「美波たん大好きよ。会えるの楽しみにしてたんだから、本当に」と“愛”を告白。「今日初めてLINE交換しましたもんね」「(以前は)事務所的に年齢的に管理されていて…」と裏事情を暴露する浜辺に、高杉が「そんな詳しいこと(言うの?)」と困惑すると、浜辺は「あちゃー。人前でしたね」とおどけてみせ、会場は大爆笑となった。

イベントでは同作の3話で登場した“ダブル神経衰弱”を客席のファン3名と浜辺・高杉・森川の3名が直接対決、勝利者にはファン垂涎もののサイン入りポスター、サイン入り台本、チェキ写真撮影のプレゼントがなされた。また、同作のオープニング曲『一か八か』をRe:versed(巴山萌菜)が登場し、生歌披露した。

イベント最後に実写ドラマ『賭ケグルイ season2』(2019年春にオンエア)および『映画 賭ケグルイ』(2019年春公開)の制作決定が発表されると、ファンは大歓声をあげて大喜び。森川も浜辺とまた共演できて喜んでいるに違いない。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

あなたにおすすめ