平成最後の夏、光と音が共演する『第30回なにわ淀川花火大会』をレポート

SPICE

2018/8/9 20:00


2018年8月4日(土)に開催された『第30回なにわ淀川花火大会』。今回のテーマは「絆ふかめて30年 なにわの夢を花火にのせて 来てや万博2025」と題し記念すべき30回大会の特別プログラムとなった。SPICEではイープラス特設会場からの花火や様子を写真を中心にお届けする。

今年も販売されたイープラス特設会場のチケット。

イープラスエリアの案内
イープラスエリアの案内

花火をより快適に楽しんでもらおうという趣旨のもと、会場には「e+VIPペアシート」「サマーベッドエリア」「e+間近で観覧エリア」「e+桟敷エリア」「イープラスシート(指定席)」が設けられた。

オフィシャルフードブースを運営する未知インターナショナル
オフィシャルフードブースを運営する未知インターナショナル

さらにDJブースや飲食ブースエリア、今年は大人も子供も楽しめる「ヨーヨーつり」「スーパーボールすくい」「輪投げ」コーナーも展開され、打ち上げ前から賑わった。
大人から子どもまで楽しめる露店
大人から子どもまで楽しめる露店

いよいよ打ち上げの時間が近づく……。


そしてカウントダウンが始まり19:40、開幕からド迫力のオープニングは『10号玉一斉打ち上げ』と『5号玉ワイド水中花火』を同時に花咲かせ、一気に淀川花火ワールドへ。





リズミカルな音楽に合わせて、左から右へ!右から左へと!!緩急のついたまるで踊っているかのような花火に心が躍る。





音楽と共に会場の空気を一変させ、暗から明へ展開する演出に皆様を引き込み、テーマでもある2025年国際博覧会の大阪・関西に2度目となる誘致実現を目指し、万博の実現に向けたワクワク感でいっぱいのパワフルで輝かしい花火が用意された。





最後はグランドフィナーレ ~なにわの夜空に金銀大瀑布~、連打で締めくくる圧巻のフィナーレで『第30回なにわ淀川花火大会』は幕を閉じた。

本編終了後の会場DJブースには打ち上げ前の時間も盛り上げてくれたDJ飯室大吾が登場。
DJ飯室大吾(FM802)
DJ飯室大吾(FM802)

「まだまだ楽しんでいってくださいね!」とお見送りDJをスタート。さまざまな曲が会場を賑わす中、昨年もイープラスエリアのDJブース前で踊ってくれていた可愛い子どもたちがダンスを! 
大吾さんとハイタッチ
大吾さんとハイタッチ

驚きと感動を与えてくれた『第30回なにわ淀川花火大会』。イープラスエリアでは花火だけでなく大人も子どもも楽しめる充実したエリアとなっている。来年の31回は元号も変わり、新たな夏がやってくる。是非、イープラスエリアで楽しんでみてはいかがだろうか。

撮影=高村直希

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス