警部補が書類を隠して事件が時効に 「子供みたいな理由」と呆れ声相次ぐ

しらべぇ

2018/8/9 19:30


(cyano66/iStock/Thinkstock)

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」ということわざもある。捜査書類を自宅に隠すなどしたとして、愛知県警は9日、男性警部補(57)を戒告の懲戒処分とし、虚偽有印公文書作成・同行使と公文書毀棄容疑で書類送検。

インターネット上では、男性の犯行に「子供みたいな理由」との声があがっている。

■警部補が書類を隠した事件は時効に


報道によると、書類送検された高速道路交通警察隊の警部補は、東海署交通課の係長だった2013年9月下旬、同年5月にあった飲酒検知拒否事件の捜査管理簿に、虚偽の内容を記載。実際には書類送検していないにもかかわらず、送検したようにした。

そして決裁を受け、同年10月上旬、事件の捜査書類を自宅に持ち帰った疑いだ。事件は16年に時効となっている。

警部補の男性は、「飲酒検知拒否事件を処理した経験がなかった。未送検の発覚を免れるため、書類を持ち帰った」と供述。容疑を認め、書類送検と同日に辞職したようだ。

■「警察にも落ち度」と厳しい声


今回の報道を受け、「Yahoo! ニュース」では、「警察にも問題がある」とコメントが寄せられている。虚偽の記載がされた捜査書類が決裁を通ることに、疑問を感じたようだった。

「5年も気づかなかった警察にも問題があるだろ」

「そもそも警察の体質に問題があると思う」

「物事の重大さをきちんと受け止めてほしいですね。責任者に厳しい処罰を課すべき」

「こういうのを1人に押し付ける体質のほうが問題」

■「子供みたいな理由」と呆れる声も


また、「経験がないから」という理由で、書類に虚偽の記載をして隠したことに対し、「子供みたいな理由」との意見も。「わからないなら周りに聞くべき」との声があがっていた。

「わからなかったら、できる後輩に聞けばいいのに」

「経験がないと言って逃げていては、いつまでも未経験だ」

「57歳のベテランに言い訳にしてはお粗末すぎ」

「子供のような理由の事件が多いね…」

■言い訳されると許したくなくなる?


しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,348名を対象に「言い訳」についての調査を実施。その結果、男性ではおよそ3割、女性ではおよそ4割の人が、「言い訳されると許す気持ちがなくなる」と回答していた。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「処理した経験がないから」と捜査書類を隠し、時効を迎えさせた今回の事件。警察官として、あるまじき「言い訳」に呆れる声が相次ぐのも無理ないだろう。

・合わせて読みたい→警部補ら3人が児童ポルノ所持で書類送検 「匿名報道」に不満の声も

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名

あなたにおすすめ