『オーシャンズ8』天才ハッカー役リアーナの登場シーンを独占入手

Billboard JAPAN

2018/8/9 19:45



2018年8月10日より公開の映画『オーシャンズ8』でリアーナが演じる“オーシャンズ8”のメンバーの1人、ナインボールの登場シーンをとらえた本編映像が公開された。

サンドラ・ブロック演じるオーシャンズ8のリーダー、デビー・オーシャンが仕事からアジトへ戻ると、そこに見慣れぬドレッドヘアの女性の姿が。デビーが自己紹介に手を差し伸べると、ぶっきらぼうに「私はナインボール」と一言。デビーが本名を聞きただすと、「エイトボール」と、その挑発的な態度に一触即発だ。そんな2人の緊張感をすぐさま感じ取ったデビーの頼れる右腕ルー(ケイト・ブランシェット)は2人の間に割って入る。さすがチームの調整役兼名参謀だ。

出会いこそ最悪だが、ナインボールはチーム唯一のテック担当として大活躍する。そのデジタル周りの知識と見識は天才的で、あらゆるセキュリティを潜り抜けることができ、偽造IDの作成もお手の物。全世界に配信中の白昼のファッションの祭典【メットガラ】で、1億5000万ドルの宝石を盗み出すという、とんでもない大計画を成功させるには、絶対に欠かすことのできない人物なのだ。

リアーナと言えば、世界で最もデジタルでダウンロードされたアーティストとして2013年にギネス認定され、今年には女性で初めてApple Musicのストリーミング再生回数が20億回越えを達成し話題となった世界的歌姫だ。リアーナをキャスティングし、本作の監督も務めているケイリー・ロス監督は、「リアーナと僕が最初にこの映画について話した時、彼女のバルバドス人のルーツを表現することを話したんだ。僕たちは2人ともボブ・マーリーが大好きでね。“ドレッドヘア”と僕が口にした途端、彼女は喜んで飛び上がった。夜中の2時だったのに、彼女は飛び回ってね。ナインボールのグリーンのアーミージャケットというスタイルのアイディアは2人で考えたんだよ」と、リアーナのキャスティング秘話を明かしてくれた。

レッドカーペットやステージでファンやメディアを魅了するリアーナはゴージャスで絢爛豪華なイメージがあるが、ナインボールの役柄はそれとは真逆。しかし、そこにはリアーナが監督と一緒になって考え出した、自身のルーツに関する深いアイディアがあったようだ。『オーシャンズ8』でしか観ることのできないリアーナの新しい魅力を是非スクリーンで確かめてほしい。映画『オーシャンズ8』は8月10日より公開スタート。

◎映画『オーシャンズ8』本編クリップ(ナインボール編)
https://youtu.be/uBGBuIEmbsE

◎公開情報
『オーシャンズ8』
2018年8月10日(金)より、全国公開
監督:ゲイリー・ロス
出演:サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、リアーナ、ヘレナ・ボナム・カーターほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

あなたにおすすめ