宇垣美里アナ、“フリーアナ”発言は「他のところに気をとられ…」


TBSの宇垣美里アナウンサーが、7日に放送されたTBSラジオ『アフター6ジャンクション』(毎週月曜~金曜 18:00~)にて、"フリーアナウンサー"発言をしてしまった理由を明かした。

宇垣アナは同日朝のTBSラジオ『生島ヒロシのおはよう定食・一直線』に、夏休みの生島ヒロシの代役として出演。番組のラストで「"フリーアナウンサー"の宇垣美里でした」とあいさつし、SNS上などで反響を呼んでいた。

『アフター6ジャンクション』の冒頭、パーソナリティを務めるヒップホップグループ・RHYMESTERの宇多丸から、「宇垣さんは今日の早朝から嵐を起こしてましたね」とツッコまれると、宇垣アナは「ちょっと本当に説明させてください」と"フリーアナウンサー"発言について言及。

宇垣アナによると、台本に「フリーアナウンサー」と書かれていたとのことで、「番組の一番最後、曲の良いタイミングで『Have a nice day! & Good luck!』って言うんですよ。私はどうしてもそれをピッタリのタイミングで入れたくて、ずっとその練習をしてたんです。めちゃくちゃ上手にできたんですけど、そこばっかり見てたから…。そのまま、愚直に『フリーアナウンサーの宇垣美里でした』と読んでしまって」と説明した。

また、宇垣アナは「みんなが『あれれ?』という顔してて。『なんか今違くなかった?』 みたいな(笑)」と『生島ヒロシのおはよう定食・一直線』の放送終了後の様子を明かしていた。

宇多丸から「番組終わり際に『フリーアナウンサー』ってきれいに、しかもなんの動揺もなく。例えば『あっ!』とかもなく、終わったじゃないですか。だから訂正するタイミングも当然ないですもんね」と言われると、宇垣アナは「本当に申し訳なかった。ただ私が、他のところに気をとられすぎていて。スタッフさんも怒られちゃったみたいで、申し訳なかったな…」と反省しきりの様子だった。

あなたにおすすめ