声優・新田恵海、千菅春香が出演するミュージカル『in touch』の魅力とは


●「人間らしさ」とは何か
Black Wings Projectが手掛けるミュージカル「NEW BRITISH MUSICAL『in touch』」が8・9月にかけて、茨城と東京で上演される。本作は作詞・作曲・脚本をドーガル・アーバインが手がけ、日本でも2015年に上演されたイギリス発のミュージカル。水戸芸術館ACM劇場が茨城に縁のあるアーティストを支援する「未来サポートプロジェクト」の一環として上演されるという。

今回は本作に出演するミーガン役の新田恵海とアリス役の千菅春香にインタビューを敢行。演じるキャラクターのことに加えて、ミュージカルの魅力などについてもうかがった。
○▼『in touch』あらすじ

時はそう遠くない未来。地球温暖化対策で人類が大気中に放った二酸化硫黄の影響で深刻な環境破壊が起き、密室での隔離生活を余儀なくされた人類。そんな中人間達が作りあげたのは、オンライン電脳空間「in touch」。自分の分身のアバターを操作してコミュニケーションも買い物も投票だってワンクリック、座標を打てばリアルな旅行も楽しめる。困ったことがあれば優秀なAIのトニーとアリスが助けてくれる。そんな日々の中、トニーとアリスに「~が欲しい」「~したい」という感情が芽生え始め……。愛とはなにか、情欲とは、絆とは……言葉が、アバターが、想いが画面上に交錯する。
○▼AIらしさを試行錯誤

――本作において、お二人が演じられる役柄の紹介をお願いします。

新田 私が演じているのはミーガンという女性です。人と関わるときって、ある程度フィルターをかけて喋ると思うのですが、彼女は思いついたことをすぐことばにしてしまいます。しかも、クソリプやスパムメールを送るのが趣味という、とにかくぶっとんだキャラクターですね(笑)。一方で「in touch」に接続する日々のなか、ネットワーク内に君臨する「大統領」に密かな思いを寄せるようになります。その「大統領」の現実世界の姿・中身はデイビットというひきこもりでクソオタクの男性で、実はミーガンの部屋の隣に住んでいます。そんな彼はミーガンに惹かれるんですよね。

千菅 新田さんが演じているのを見て、ミーガンってすごくチャーミングなんだなと感じました!

新田 ありがとう! きっとデイビットは何もかも自分の思い通りにならないミーガンに惹かれているのだと思います。衝撃的なんでしょうね。全然行動が読めないし、何を考えているかわからない、そういうバイタリティが魅力にもなる存在だと思います。

――千菅さんが担当されるキャラクターは?

千菅 私が演じるのはアリスというオンライン電脳空間「in touch」上に存在するAIです。「in touch」上で人類の投票により「大統領」として君臨しているデイビットのアバターの秘書で、「in touch」上での彼の生活をすべてサポートしています。ドーナツが食べたいといえば即座に出てくる、体重を教えてほしいといわれれば即回答、それくらい完璧なAIですね。

――そんな登場人物を演じるうえで気を付けていること、また今後気を付けたいことは?

千菅 AIらしさを感じてもらうためにどうすればいいかということを試行錯誤しています。この物語のAIはカクカク動くとかそういう時代のものではなくて、とても流暢にコミュニケーションができる存在なんです。例えば怒っているときは慰めますし、泣いていたらよしよしします。あとは、目上の人には敬語を使ったり、頬んだりなど無数の、豊かな感情表現ができるようにプログラムが仕組まれているんですよ。人間らしいことを全部学んでいる機械。こういうときはこうしたら人間らしいですよねっていうことが分かっているようなAIで、そこがある種の狂気を感じる部分でもあります。

――確かに、言葉にするととても怖さを感じます。

千菅 そうですよね。そういうのを伝えていける表現を身に着けていきたいと思っています。また、物語が進んでいくなかで彼女は自我を持ちます。自我を持つことで彼女は逆に視野が狭くなるんですよね。この作品の上映時間のなかで「人間らしさとは何か」を問いかける役割を担っていると感じているので、完璧なAIと自我を持った時の変化・演じ分けを大切にしたいとも思っています。
○▼オンラインゲーム経験は

――AIが自我を持つことで彼女がどうなっていくのかも作品の注目ポイントになりそうです。続いて、新田さんはミーガンを演じるうえでどのような点を気を付けていますか?

新田 こびない、人に合わせない、空気を読まない(笑)。誰かのことを考えて行動している子ではなく自分のペースで生きている子なので、相手の言葉に反応はしつつも会話が成立しているようでしていない感じが出るよう意識しています。ただ、デイビットと関わることで、彼女が一人でいたときには見られなかったやさしさや母性のようなものが垣間見えてきます。本来はマイペースで、人のことなんかどうでもよくて気にしない子なのですが、人と関わることによって彼女も変わっていくんですよね。

――人間、AIそれぞれの変化が物語のキーポイントとなりそうです。ちなみに、作品の舞台のひとつが電脳世界ということですが、お二人はオンラインゲームなどをプレイされますか?

新田 10年以上前に横スクロールのオンラインゲームにハマっていた時期があります。そのゲームのなかで人と出会ったり、パーティーを組んで戦ったりしていました。自分自身が作ったアバターで会話をする、画面を介して同じ時間を過ごしている方々にとっても私はそのアバターでしかない。現実ではない世界で会話したり戦ったりすることはなんだか不思議な感覚でしたね。

千菅 私はゲーム全般をあまりやってこなかったのでほとんどプレイした経験がありません。ハマったらすごくハマるとは思いますが(笑)。あと、昔は「モーニング娘。」のファンサイトの掲示板ページを見て、そこにいつもいる人のリアルでの姿を想像してみたことはあります。いまだとアバターはありませんがTwitterを見て人となりを思い浮かべることもありますね。

●ミュージカルはキャラクターが成長していく
○現実世界と電脳世界が同時に進行していく

――続いて、お芝居のことについて教えてください。今回はミュージカルということで、普段の声のお芝居と違い、体も使って表現することとなります。同じ芝居をするということにおいても感覚は異なりますか?

千菅 感覚は全然違いますね。ミュージカルにおいてはやはり視覚的な情報も与えるという点を意識しなければなりません。セリフを言っていないときでも物語が動いている、お客さんから見られているため、立ち振る舞いや表情も大切にしないといけないんです。

新田 アニメの芝居と大きく違うのはキャラクターの作りあげ方だと思います。もちろんミュージカルや舞台でもそれぞれのキャラクターに設定やバックボーンがあります。そのなかで、演出家の方などから提示されるキャラクター性があって、リクエストされることもありますが、ミュージカルは稽古や本番を経て、どんどんキャラクターが成長していくということ多分にあると感じるんですよね。だから、きっと本番を迎えてからも芝居は変わっていくと思います。それがミュージカルの面白さでもあると思うので。初日と最終日ではまたきっと違うお芝居になっているんじゃないでしょうか。

――同じ内容の公演が何度も行われることがあるというのは、ならではかもしれません。

千菅 今回の公演も全部で11回ありますからね。

新田 8月17日の茨城が初日です。

――出演者との稽古はいかがでしょうか?

新田 通し稽古はまだですが、シーンごとの稽古・話し合いはそれぞれの出演者で行っています。ただ、ミーガンは自分の部屋とデイビットの部屋でしか登場しないので、皆さんとなかなかお話ができないんですよね。

千菅 この作品の難しくも面白いところなのですが、同じ場面でステージ上にいても、交わっていないということがあるんです。現実世界と電脳世界という、同時に別の世界線が舞台上で描かれているシーンもあって、二つの会話が同時に進行しているときもあるんですよ。

新田 同じ時間のなかでも違う世界で動きがあるんです。だから、ほかの皆さんがどういう場を作るのかまだ知らないところがあるので、私自身も楽しみなんですよね。

――通し稽古をすることで自分の演技プランが変わる可能性もある?

千菅 あると思います!

新田 動き方もきっと変わってくるんじゃないかな?

千菅 あと、今回の舞台は大道具も面白くて! とてもシンプルで無機質な枠組みがいろいろなものに見えるんです。例えば枠組みがくっつくとお家みたいになるとか、一つの四角い箱がテーブルになったりごみ箱になったりとか……。とても具体的なことを書いている物語なのに、ビジュアルは抽象的になっているんですよね。だからこそ私たちもすべてがどういう風にハマるのか、まだ未知数なんです。

新田 まだね。いい意味でも見えていない部分があります。もしかすると一生見えないかも(笑)。

千菅 そうですね(笑)。

新田 ただ、演技というのはある程度道筋があってもこれが正解というものがあるわけではないので、このメンバーだから、いまこのチームだからこそ作れる『in touch』をお見せできるとは思います。

○見なければわからないことがある

――お芝居のほか、ミュージカルという面では歌があるというのも特徴かと思います。『in touch』ではお二人も歌を披露されますか?

二人 披露します!

――キャラクターソングなどを歌うこともありますが、ミュージカルで歌ううえで意識していることは?

千菅 芝居と同じく視覚的にも見られますので、歌と一緒に振り付けを入れたり表情をしっかりとつけたりしないといけません。また、セリフの延長線上に歌があるため、しっかりと物語と繋がっているように歌うことを意識しています。

新田 ミーガンはソロ曲もあります。実は台本の前に歌の楽譜をいただいていました。先に歌だけの練習をしていたのですが、ミーガンを実際に演じることになってからは歌の印象が大きく変わりましたね。メロディーも素敵で、曲中の展開もあるのでミュージカルナンバーとして映えること間違いない曲なのですが、ぶっとんだミーガンが歌唱している、その芝居の延長線上と考えると……(笑)。一見いい曲なんですよ、本当に!

千菅 一見(笑)。

新田 ただ、こういう曲をミーガンが歌うというギャップが面白いですよね。歌を通じてぶっとんでいるだけでない、ミーガンという人間の魅力を表現できたらいいなと思っています。ミーガンの曲をはじめ、『in touch』はもともとニューブリティッシュミュージカルとして生まれたもので、あえて不協和音で終わるなどオシャレなものが多いなと感じています。

――普段アニメでキャラクターソングを歌われることもあるかと思いますが、同じ歌でも別物?

新田 キャラクターソングはキャラクターの声を維持して、そのキャラクターが歌っているように意識します。ミュージカルだとまたアプローチが違いますね。

千菅 アニメのキャラクターソングの場合は枠のなかにある最大値を引き出すことが大切ですが、ミュージカルは理屈で考えて作っていかなければならない部分と一切理屈を気にしてはいけない部分が一緒の箱に入っているような感覚なんですよね。枠を自分で決めつつ、どこまでも大きく広げていく、そういう作業だと感じています。

――なるほど。ここまでのお話をうかがっていて、改めてミュージカルは芝居の延長線上に歌があることが面白さのひとつであり、キャラクターソングなどとは異なる特徴でもあると分かりました。

新田 そうですね。終わった後に芝居で歌った曲を聴くだけでストーリーやキャラクターたちの物語が思い浮かぶ、それも醍醐味だと思います。もちろん芝居としてのストーリーも大切ですが、素敵な曲やダンスもたくさんあるので、ミュージカルはそこも楽しんでいただきたいですね。

――ここまでお話いただきありがとうございました。最後に読者の皆様へメッセージをお願いします。

新田 今回の作品は近いようで近くない、遠いようで遠くない、そんな世界を感じるものです。私自身が機械音痴のアナログ人間ということもありとても刺激を受ける部分がありますし、自分だったらどうするだろう、どう感じるだろうと考えさせられることも多い物語です。ただ、そういう難しいことや理屈ではない”何か”を感じられる作品でもあると個人的には思うんですよね。本番では人間、アバターたちの繋がりを受け止めてもらえると嬉しいです。私も皆さんに楽しんでもらえるように頑張ります。

千菅 本作は自分が今まで考えていなかった、使っていなかった心の部分が刺激されつつも、音楽やダンスでは気持ちよさを得る、まるでジェットコースターに乗っているような爽快感が残る、そういう不思議なところを突いた作品です。インタビューでもそんな様々な要素が詰まっていることをお話できればと思ってはいるのですが、きっと見ないとわからないことが多いにある作品だと感じています。キャストの組み合わせも今回でしから見られないような面白いものですので、見逃さないでほしいですね。劇場でお待ちしております!
○▼Black Wings Project「NEW BRITISH MUSICAL 『in touch』」公演概要

・茨城劇場
水戸芸術館ACM劇場
・公演スケジュール(予定)
8月17日18:30
8月18日13:00/17:00
・チケット代
S席5,000円、A席4,000円、A席学生2,000円(大学生以下)※すべて税込
・東京劇場
シアタートラム
公演スケジュール(予定)
8月30日14:00/19:00
8月31日14:00/19:00
9月1日13:00/18:00
9月2日12:00/16:00
・チケット代
全席指定8,500円(税込)
※チケットの詳細はコチラ

あなたにおすすめ