安っぽいオバサン…!? ゴージャス狙いで「むしろ貧相になる」40代のNGメイクテク3つ

OTONA SALONE

2018/8/9 18:30



デートやちょっとしたイベントごとがある日のメイクでは、普段よりも“ちょっとゴージャス”な仕上がりを狙いたくなるものです。

ところが、そんなシチュエーションでこそ、40代が陥りがちなワナも!

自分では華やかなメイクに仕上げたつもりでも、周りから見て「貧相」な仕上がりになってしまっているメイクもあるのです。

「もしかして私のメイクも、貧相に見えてるかも!?」と一抹の不安がよぎった40 代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、ゴージャス仕上げのつもりが、かえって40代の顔を貧相に見せるデンジャラスなメイクテクのお話です。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

ゴージャス狙いでむしろ貧相1:優しさを出そうとしてカーブが不自然なノッペリ眉




40代のメイクでも数年前より少しだけ“太め”に仕上げる手法は、まだまだデイリーメイクのリアルトレンドではあるものの、そろそろ今までよりも“ほんの少し”細めに仕上げた眉の人気が高まっています。

さらに今年は、これまでストレートだった眉のデザインから徐々にカーブを取り入れたデザインへとシフトしつつあるトレンドもあるので、今までよりカーブを入れて“優しさ”を出しつつ、華やかな印象を狙っている40代女性も増えている頃合いです。

柔らかいカーブのある眉は若見え効果が狙えるだけでなく、顔を華やかに見せてくれるパーツでもありますから、ナチュラルを活かしつつも少しだけゴージャスなメイクを狙いたい日には重宝するデザインなのは間違いありません。

ところが、そんな“ちょいゴージャス”を狙った眉でも、濃淡や凹凸に欠けてしまえば、途端に“ノッペリ”とした印象になり、かえって貧相な印象を強めてしまうことがあるのです。

不自然なカーブが入っているノペっとした眉は垢抜けない印象を強め、どんなに高価なコスメを使ったメイクだとしても貧相なイメージを醸し出しやすく、失敗に至りやすい典型でもあります。

華やかな眉に仕上げるためには、カーブをつける際に、自眉のデザインを活かしつつ自然な弧を描くのが鉄則。さらには、パウダーや眉マスカラを使って濃淡を出し立体感を演出して。

ゴージャス狙いでむしろ貧相2:アイホールだけが強調されたアイメイク




ゴージャスなイメージでメイクをしたい日には、普段よりも濃いめな発色のアイシャドウを手に取りたくもなります。

普段は控えめなブラウンメイクをしている女性なら、同じブラウンでも発色の強いものや光沢のあるアイシャドウに変えるだけでも、華やかな雰囲気になるのは確かです。

しかし普段どおりに仕上げたマスカラやアイラインのまま、アイシャドウの発色だけを強めてしまうと、アイホールの印象だけが悪目立ちし、かえって貧相な表情に見えるデメリットも。

ダークな色みだと目のまわりだけがパンダよろしく強調されたり、淡い色みでも遠目には日焼けの色ムラのように見えたりしがちです。

デイリーにナチュラルメイクを心がけている40代ほど陥りがちなワナだけに、アイシャドウを濃くする際には、まつ毛メイクやアイライナーとのバランスも考慮するのをお忘れなく。

ゴージャス狙いでむしろ貧相3:パーティ感を出したくて塗ったラメが目立つチークやハイライト




イベントごとに備えて華やかなメイクをしたくなると、普段はなかなか使わないようなラメ感のあるアイテムにも惹かれます。

光に反射してキラキラと光るコスメ類は、上手に使えばジュエリーのような華やかさを演出できるのも事実。

ところが、40代のメイクでこういったアイテムを闇雲に使ってしまうと、ラメが悪目立ちしたせいで、かえって“安っぽさ”を醸し出すことも多々あります。

不自然な輝きやツヤ感を超えてテカテカとした光を放つチークやハイライトは「オバサンが無理して若作りしてきてる!」なんて不名誉な印象を与えやすく、華やかな顔を目指したつもりが貧相なイメージを加速させる要因にもなりやすいのです。

大人世代がラメ感のあるアイテムを用いるなら、細かい粒子を使った上品な輝きを放つアイテム選びがマストと言えます。

迷ってしまったら、とにかく「粒子が細かいラメ入り」を優先して使ってみて。

ちょっとだけ気合いを入れて、いつもより“少しだけ華やか”を意識したつもりが、むしろ貧相なイメージを与えるメイクになっていたら「かなりショック」です。

トレンドになっているコスメでも、40代が使うと安っぽい印象を与えがちなものもあるだけに、デイリーメイクに“ちょい足し”するコスメは厳しい目で選ぶのが正解です。

お心当たりがあった方はぜひ、この機会にメイク手法をアップデートなさってみてください。

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス