深夜ドラマとしては異例の快挙!「おっさんずラブ」6冠達成に“OL民”が大はしゃぎ【視聴熱TOP3】

webサイト「ザテレビジョン」では、8月8日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)12056pt

2018年4~6月に放送されたドラマを対象にした「週刊ザテレビジョン 第97回ドラマアカデミー賞」にて、最優秀作品賞、最優秀主演男優賞(田中圭)など6冠に輝き、祝福の声が殺到した。

2018年1月クールの「アンナチュラル」(TBS系)と並んで6部門制覇だが、ゴールデン・プライム帯より深い時間帯での6部門制覇は極めて異例のことで、いかに多くのファンから愛されているかが浮き彫りになった。

受賞結果が掲載された8月8日発売の「週刊ザテレビジョン」にも大きな反響が。

田中や最優秀助演男優賞の吉田鋼太郎、テレビ朝日の貴島彩理プロデューサー、脚本家・徳尾浩司の愛があふれるインタビューコメントに、 “OL民”と称されるファンからは続編を期待する声がさらなる高まりを見せている。

8月21日(火)にはるたん日めくり、8月22日(水)にオリジナルサウンドトラック、10月4日(木)にシナリオブック、10月5日(金)にDVD&Blu-rayの発売を控えており、「われわれはいったい何を見ているのか…」の日々はまだまだ続きそうだ。

2位「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(フジテレビ系)8207pt

映画「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」が7月27日より全国公開中。8月4日・5日の週末観客動員数でハリウッド映画の大作を抑えて1位となり、初週に続いてV2達成となった(興行通信社調べ)。

すでにリピートしているファンも多く、その感謝を込めて映画の公式サイトではカルトクイズがスタート。

全問正解者の中から山下智久演じる藍沢のなりきりグッズが抽選で当たるが、“カルト”としているだけあってかなり難問で、ファンも苦戦している模様。

8月9日(木)には大ヒット御礼舞台あいさつを東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで実施。山下の他、新垣結衣戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、西浦正記監督が登壇予定で、全国の劇場でライブビューイングも行われる。

3位「高嶺の花」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)4077pt

8月8日に第5話を放送。もも(石原さとみ)は直人(峯田和伸)を月島家に招き、市松(小日向文世)に紹介する。

ももは直人の風間家に嫁ぐので、なな(芳根京子)を次の家元にしてほしいと頼むと、市松は破門にすると言い渡す、そんな中、行方不明になっていたももの元婚約者・吉池(三浦貴大)が市松に大けがを負わせて逃亡する。

けがをした市松の元に駆け付けたももに、市松がももの母親が自身の命と引き換えにももを生んだことを告白。

それにより、ももは家元になる宿命を受け入れる決意をするが、4話のラストではももの実の父親が月島家の運転手・高井(升毅)だということが明かされており、読めない展開に戸惑いや「面白い」との声が続出。

また、ももと直人がベッドで朝を迎えた冒頭のシーンにもSNSがざわついた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157915/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ