孤独感が消えない…ひとりぼっちでさみしい気持ち、どうすれば?【心屋仁之助 塾】



ⓒhikdaigaku86-stock.adobe.com

メディアで話題の心理カウンセラー、心屋仁之助さんとその一門があなたの相談に答える「凍えたココロが ほっこり温まる、心屋仁之助 塾」。今回は、「孤独感が消えない」という、アヨさん(19歳・大学生)に、心屋塾上級認定講師の小林威之さんからアドバイスをいただきました。

アヨさんのお悩み

大学2回生になったばかりですが、気づけば高校生の時からずっと孤独を感じています。彼氏がいても、いなくてもです。今は彼氏がいないので、その孤独感がいっそう増しています。

一日中、悲しくて泣いている日もありました。朝、目覚めた直後に、「私はひとりぼっちなんだ、誰も私に関心がないんだ」という思いが頭をよぎります。

気が合うと感じたり、相談できたりする友だちはおらず、親にも「孤独を感じている」とは言えません。このまま孤独を感じながら毎日暮らすのがつらいです。どうしたらこの孤独感は消えるのでしょうか。

※一部、質問内容を編集しています。

■心屋塾上級認定講師の小林威之さんより

アヨさんこんにちは。心屋流カウンセラーの小林威之です。孤独感を感じる場面が多く、それを理解してくれる人も周りにはいなくて、息苦しさを感じているのでしょうか。

どんなに友だちが多くても、すてきな恋人がいても、両親に恵まれていても、アヨさんが孤独感を感じているなら、「私、孤独でさみしい」「私、孤独で悲しい」と、まずは自分の心に素直に感じてみましょう。

無理に元気に振る舞う必要はありません。私が悲しいなら「悲しい」で大丈夫なのです。

周りの人に合わせる必要はありません。周りの人の雰囲気を壊したくないからと無理に笑顔でいたり、なんでもない振りをしたりする必要はありません。アヨさん自身のペースで日常を過ごすところから始めてみましょう。

孤独感というのは、感じないようにすればするほど、我慢をすればするほど、どんどんと大きくなっていきます。孤独感を「なかったこと」にしようとすればするほど、アヨさんは孤独感をより感じるようになります。

ですので、孤独感と戦うのではなく、孤独感とお友だちになってほしいのです。

孤独感はアヨさんの敵ではありません。味方なのです。



ⓒpeach100-stock.adobe.com

生きている人で、孤独感を感じない人はいません。誰しも、孤独感を感じながら生きています。

だからアヨさんもその孤独感に耐えてね…という話ではありません。みんな孤独感を感じながら毎日を過ごしていますが、世の中には孤独感と上手に付き合える人と、あまり上手に付き合えない人がいます。

孤独感と上手に付き合えない人は、誰かの悪口や欠点をあげつらったり、お酒やタバコに依存しすぎたり、ムダなものにお金を使いすぎたり、周りの人に気を使いすぎて、自分の意見を言えなかったりしています。

「会社を辞めたいけど辞められない」という人もそのようなケースが多いです。孤独感に縛られ、本来の自分の気持ちをどこかに置き忘れてしまっているのですね。

一方、孤独感と上手に付き合っている人は、孤独感からメッセージを受け取っています。

孤独感にひたりながらも、

「自分がどうしたいのか?」
「自分はなにが好きなのか?」
「どんな愛情が自分を満たしてくれるのか?」
「自分の人生にとって本当に必要なものはなんなのか?」

などを感じとり、自身の生活や人生の選択に生かしていっています。

孤独感は、アヨさんに大切なメッセージを送ってくれています。「アヨさんの人生にとって、一番大切なものはなんですか?」と問いかけてくれているのです。

ぜひ孤独感とケンカせず、寄り添ってみてくださいね。

・このカウンセラーのブログ
 http://ameblo.jp/kobaytake/

(編集/外山ゆひら)

(小林威之)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ