Juice=Juice段原瑠々が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

2018年、誕生から20周年を迎えるハロー!プロジェクトをお祝いした記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。ハロー!プロジェクトに所属するメンバーが、これまでの活動から感じた20周年への思いや2018年への意気込み、アイドルとして日々考えていることなど、“20問20答”でアツ~く語ってくれました♪ 今回はJuice=Juiceより段原瑠々が登場!!

段原瑠々●だんばら・るる=2001年5月7日生まれ、17歳。広島県出身。A型。

■ Q1:名前の由来を教えて!

瑠璃色のように輝く女の子になってほしいという気持ちを込めて、両親が付けてくれました。

■ Q2:目標の先輩は?

鞘師里保さん(元モーニング娘。)。同じ広島県出身で同じスクールに通っていたということもあるんですけど、やっぱりダンスも歌もカッコいい。演技もすごくて、ハロー!プロジェクトの中でも、モーニング娘。の中でも、すごく引っ張っていたような存在の方。私もそんなふうになれるように、本当に頑張らないとなって思っています。

■ Q3:生まれ変わるなら誰になりたい?

アンジュルムの佐々木莉佳子さん。モデルとかマルチな方面でも活躍されている方なので。私もそういうのに憧れを持っていて、やってみたいなって! あと、ダンスがすごく好き。ハロー!プロジェクトにはダンス部っていうのがあるんですけど、そのダンス部の中でも佐々木さんはハッと目を引く存在。すごく動きも大きいし、きれいだなって見ていて思うので、そういうダンスが私もできればいいなって。

■ Q4:自分がハロプロでいちばんだと思うことは?

歌が好きな気持ち! 歌がすごく好きなんですよ。小さいころから歌ばっかり歌っているような子だったので、やっぱり歌では負けたくないっていう気持ちはあります。でも、やっぱりすごい上手いメンバーがたくさんいらっしゃるので、歌では負けないって言えるぐらい頑張りたいなって。

■ Q5:ハロプロのすごいところを教えて!

歴史ですね。ことしで20周年っていうのもありますし、こんなに長くアイドルのプロジェクトが続くっていうのは、なかなかないと思うので。代々受け継がれてきたハロプロの歴史の中に、私も入っているのがうれしいなって思います。ハロー!プロジェクトって大きな学校じゃないですけど、いろんなものを教えてもらったので、恩を返す気持ちでこれからも活動していきたいなと思います。

■ Q6:ハロプロでスペシャルユニットを組むなら誰と組みたい?

やっぱり鞘師里保さんと一緒に歌いたいっていうのはずっとあります。私は研修生期間がすごく長かったので、モーニング娘。さんのバックダンサーとして同じステージに立ったことはあるんですけど、一緒にマイク持って歌うということはなかったので。鞘師里保さんと小田さくらさん(モーニング娘。’18)の『大好きだから絶対に許さない』っていう歌があるんですけど、一緒に歌えたらすごく幸せだなと思います。いつか叶えばいいなと。

■ Q7:Juice=Juiceで好きな曲を教えて!

いっぱいあるんですけど『私が言う前に抱きしめなきゃね』っていう曲です。私はモーニング娘。の12期のオーディションを受けたんですけど、そのときのダンスの課題曲がこの曲でした。ハロプロに入る前からこの曲をいっぱい練習したので、すごく思い出に残っていますね。今はJuice=Juiceのメンバーとして、この曲を歌っていることがふしぎだなって感じていて、でもそういうのも含めて思い入れがある大好きな曲です。

■ Q8:ハロプロ全体で好きな楽曲は?

モーニング娘。さんの『Give me 愛』。去年のハロプロ研修生の公開実力診断テストという一大イベントで歌わせてもらって、ベストパフォーマンス賞をいただいた曲です。そこでデビューできることが発表されたので、私にとっては転機になった曲というか、人生が変わった曲。これからも大事にしていきたいなって。実力診断テストは4回目だったんですけど、何回も出ているとどんな曲がお客さんの心に響きやすいかっていうのが分かってくるんですよ。それを自分で分析して、ちょっと切ない曲やカッコいい曲の方が、お客さんに響きやすいというか、カッコいい!って純粋に思ってもらえるなって。モーニング娘。さんの曲が本当に大好きで、鞘師里保さんが歌っているのを見てカッコいいって思っていた曲だったので、鞘師さんへの気持ちも込めて『Give me 愛』を選びました。

■ Q9:昔と今のハロプロの違いは?

小学校6年生でハロプロ研修生に入ってガムシャラにやってきたし、本当に先輩たちがカッコよくて「こんな先輩たちの後ろでダンスを踊れるのがうれしい!」っていう気持ちだったので、昔のことをそこまで鮮明に覚えてないというか。今は自分がライトを浴びて、マイクを持って歌える存在になれて、何か自分の中での変化はあるんですけど、ハロプロ全体になると難しいですね。今は本当に新人なので、先輩たちに追いつき追い越せるように、頑張っています。今の先輩たちはすごくカッコいいし憧れの存在。いずれは自分が上になるときもあるので、私もそうなれるように日々頑張っていかなきゃいけないと思います。

■ Q10:自分以外で、このメンバー見たらハロプロが好きになっちゃうイチ推しの子は?

モーニング娘。’18の牧野真莉愛さんです。スラッとしてるし、踊っていてもすごくきれい。歌っていても踊っていても、モニターに抜かれたときの表情やウィンクしたときに「わ~」ってなるので、やっぱりドキュン!とされている方はたくさんいるんじゃないかなって。

■ Q11:自分の一番みてほしいところは?

ずっと歌が大好きで、歌では負けたくないっていう気持ちはずっとずっと持っています。今もその気持ちはあるんですけど、Juice=Juiceに入って、ダンスがすごく変わったなって自分でも思っているんです。メンバーのダンスを見て「ここはこうやって踊ればいいんだ」とかたくさん学ぶ部分もありましたし、ダンスにすごく影響されたというか、頑張っている最中なので見てもらいたいです!

■ Q12:これから挑戦してみたいお仕事は何?

小学校1年生のときからスクールに入って、ずっとダンスと歌しかやってこなかったので、それ以外のことが思い浮かばなくて。おばあちゃんになるまで歌っていたいなっていうのが夢なんですけど、3歳から習っているピアノを、また弾きはじめたんです。弾き語りとかもやっているので、もっと伸ばしていけたらなと思います。

■ Q13:Juice=Juiceで一番見てほしいところ?

私はメンバーの声、歌声がすごい好き。8人全員全然違うんですよ。CDで聞いていただいてもライブに来ても分かると思うんですけど、ソロパートはもちろん、ユニゾンでも、ちゃんと一人一人の声が映えるんです。この8人の違う音色を楽しんでいただけたらなと思います。

■ Q14:20年後は何をしている?

私は何かフニャフニャしていて頼りない感じなんですよ。だから、まぁ20年後はもうしっかりしているかなと、しっかりしていてほしいなと思います。いい大人なので。

■ Q15:20周年なので、特別に秘密を教えてください!

あまり言ってないんですけど、Youtubeが好きです。帰ってから、寝る前の日課です。

■ Q16:20周年を終えた一年後にできるようになっていたいことは?

フェイクとかハモリとか、歌うだけじゃなくて技術みたいなものを身につけたいです。レコーディングとかで、「フェイクやってみてよ」みたいな感じでディレクターさんに言われるんですけど、さっぱり分からないんですよ。メロディーが何も浮かんでこなくて。「なんで? なんで皆できるんだろう?」と思うので、パッ言われてパッとできるような人になりたいです。

■ Q17:アイドルをやっていなかったら?

料理が大好きで、お母さんが栄養士さんなんですよ。だから私も栄養士さんになって、給食作ったりとか、料理をする仕事がしたいです。

■ Q18:今、いちばんハマっていることは?

個人じゃないんですけど、Juice=Juice全体で人狼ゲームにハマっています。以前は一つの携帯を回してやるタイプの人狼ゲームをやっていたんですけど、今はオンラインでできるんですよ。離れていても、皆で一緒に人狼ゲームができるっていう。人狼ゲームのグループがあるんですけど、離れているときもオンラインで「出来る人?」みたいな感じです。

■ Q19:ハロプロで仲のいいメンバーは? 最近のエピソードもあったら教えて!

アンジュルムとカントリー・ガールズを兼任している船木結ちゃん。ハロプロ研修生の同期っていうこともあって、小さいころからずっと仲よしです。広島に住んでいたのでディズニーランドへ行ったことがなかったんですけど、去年はじめてディズニーシーに船木結ちゃんと行きました! この前誕生日を迎えたので、おそろいのワンピースをあげて「今度また二人で行こうね!」って言っているので、また行きたいです。

■ Q20:あなたにとってアイドルとは?

元気や勇気、幸せとかを与えられるような人になりたいっていうのはずっと思っています。私もモーニング娘。さんのコンサートにたくさん行かせてもらって、元気をいっぱいもらいました。Juice=Juiceの一番最初の武道館公演を、私は広島のライブビューイングで見ていたんですけど、その時期は受験と重なっていて、自分の中でも不安だったんですよ。これからハロプロ研修生として活動していけるのかな、みたいな。たくさん葛藤があったときに、武道館公演を見て元気をもらって「明日からも頑張ろう!」って思えました。その一年後、私が7人のJuice=Juiceとして武道館に立っているなんてそのときは全然思わなかったですけど、クヨクヨ言っていちゃダメだなと。何かそういうパフォーマンスを私もできるようにしたいなと思います。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157653/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス