ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに行ったら絶対に体験したい!! マーベル・ヒーローの世界 徹底ガイド

ウレぴあ総研

2018/8/9 17:30

2018年4月28日に公開された映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で知られるアベンジャーズシリーズ。

日本では体験できないマーベル映画の世界が、海外のディズニーパークでは体験することができます。

7つある世界のディズニーリゾートの中でも多くのヒーローに会えるカリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・リゾートから。

マーベル映画の世界が実際に体験できるディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーのアトラクション、グリーティングをご紹介していきます。

■ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに来たらこれ!!ノリにノレる、絶叫&笑顔になれるアトラクション

東京ディズニーシーでも大人気のアトラクション「タワー・オブ・テラー」

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーでは、この「タワー・オブ・テラー」にアメリカのテレビドラマ、「トワイライトゾーン」をテーマにしたアトラクションがありました。

2017年5月27日にマーベル・スタジオの映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をテーマにしたアトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト! 」がリニューアルオープンしました。

元々は「タワー・オブ・テラー」がベースのアトラクションのため、上下に激しく動く絶叫アトラクションになっています。

「トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー」は人気アトラクションでしたが、そこに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の要素が加わり、さらに人気のアトラクションとなっています。人気のため、連日、多くの人で賑わっています。

■「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト! 」のバックグラウンドストーリー

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト! 」の建物は、映画に登場するコレクターというキャラクターの要塞であり、様々な貴重なコレクションが保存されている場所になっています。

そこで、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバー、

ピーター・クイル/スターロード

ガモーラ

ドラックス・ザ・デストロイヤー

ロケット・ラクーン

グルート

の5人がコレクターのコレクションとして捕らえられてしまいます。

1人脱出に成功したロケットは、他のメンバーの救出に苦戦しています。

コレクションの鑑賞にきたゲストは、ロケットと共にメンバーを救出するというストーリーになっています。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』といえば1970年代、1980年代のヒットソングにのせて戦いやドラマが繰り広げられていますが、アトラクションになっても健在。

映画でお馴染みのヒットナンバーに合わせて、アトラクションが上下に激しく動きます。

東京ディズニーシーにある「タワー・オブ・テラー」と比較すると、落ちる回数は多く、速度は速いです。

しかし、絶叫系アトラクションが苦手な人でも、音楽があるので、動きが激しい割りに怖さは半減し、楽しめる仕様になっています。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに行ったら、絶対に乗っておくべきアトラクションのひとつです。

世界のディズニーリゾートで筆者が最も好きなアトラクションとなりました。

■憧れのアベンジャーズが目の前に!グリーティングできるヒーローたち

他の海外のディズニーパークと比較すると、常設で出ているマーベル・キャラクターが多くいる、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開されて、さらに多くのキャラクターとグリーティングを楽しめるようになりました。

以前から会えていた、スパイダーマンやキャプテン・アメリカに加え、マイティ・ソーやブラック・ウィドウとも会えるようになりました。

整列でグリーティングをおこなっているキャラクターは、

・キャプテン・アメリカ(ハイペリオン・シアター横)

・スパイダーマン(キャプテン・アメリカから道路挟んで反対側)

・マイティ・ソー&ガモーラ(モンスターズ・インクーマイクとサリーのレスキューから道路挟んで反対側)

・ブラックパンサー&ブラック・ウィドウ(モンスターズ・インクーマイクとサリーのレスキュー左横のステージ17)

・グルート(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッションブレイクアウト! 前)

■整列で行われている以外のグリーティング

整列でグリーティングが行われている中、自由にフラフラとマイティ・ソーの義弟ロキが歩いて、他のキャラクターのグリーティングに乱入する姿もあります。

こんな状況は、アメリカならではの光景といえますね。

写真を撮るとわざとそっぽを向かれたり、ヴィランらしいひねくれた一面もあります。

2018年3月に公開した『ブラックパンサー』に登場した主人公のブラックパンサーはもちろんですが、その親衛隊のドーラ・ミラージュはかっこいいの一言。

ブラックパンサーを守るかのように、ブラックパンサーのグリーティング場所の周囲を護衛しています。

会えばそのかっこよさに圧倒され、話す言葉が出てこなかったほどです。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のスターロードとガモーラは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッションブレイクアウト! 」前で行われているミニショー、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:オーサム・ダンス・オフ! 」に出演しています。

映像でロケットが出演するほか、終盤にはグルートも登場し、ショーを盛り上げます。

ショー終了後は、状況によって一緒に写真を撮ったりすることができるので、少しグリーティングも行えるのです。

ドクター・ストレンジも登場しており、今後続々とキャラクターが増えていくと考えられます。

映画に合わせてコスチュームも変わることもあり、いま着ている衣装のキャラクター達は、いましか会えない可能性が高いのです!!

※上記の情報は2018年6月時点のものです。グリーティングの場所やキャラクターの種類は予告なく変更されます。最新情報は、ディズニーランド・リゾート 公式ホームページまたは公式アプリ、現地で確認をお願いします。

■ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに行く前に、予習しておくと良いマーベル映画リスト

もちろん、アトラクションがある

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

この2作品は、見ておくとよりアトラクションの世界観を楽しめます。

アトラクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッションブレイクアウト! 」内には、マーベル・スタジオの映画に登場したキャラクターやキャラクターの武器が置いてあり、「映画に出てきたやつだ。」といった楽しみがあります。

グリーティングで出ているキャラクターの映画

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

『マイティ・ソー』

『アベンジャーズ』

『スパイダーマン:ホーム・カミング』

『ブラックパンサー』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

なども鑑賞しておくと、そのキャラクターの性格や行動もわかります。

例えば、キャプテン・アメリカとのグリーティングの時は、「ウィンター・ソルジャーがキャプテン・アメリカにパンチするシーンを再現したい。」と言ったら、「良いよ。」と喜んで再現してくれました。

キャプテン・アメリカにパンチするウィンター・ソルジャー役は私でしたが。

キャラクターとの会話で映画の話題も楽しめるので事前に作品を見ていくことをオススメします。

■2020年マーベル新エリアに期待!

世界のディズニーパークで2番目に、マーベルのアトラクションが登場したカリフォルニア ディズニーランド・リゾート。

既に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のアトラクションがあります。

今後、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ミッション・ブレイクアウト! 」の周辺にマーベルのエリアを開発していく予定になっています。

現在ある、バグズ・ランドを2018年夏に閉鎖し、2020年にスパイダーマンやアベンジャーズの新たなエリアに生まれ変わります。

これからさらに進化するマーベル・テーマパーク・ユニバースに期待が高まります。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス