雨上がり宮迫、“芸人の高齢化”を語る「めっちゃ真面目な話してる」


お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之が、7日に放送されたラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ/毎週月曜~木曜22:00~23:30)で、「芸人の高齢化問題」について語った。

番組ではリスナーから寄せられた「芸人さんの高齢化問題について」のメールを紹介。メールは、20代で活躍するYouTuberがたくさんいる一方、芸能界で活躍する20代のお笑い芸人がほとんどいないことに関する内容になっていた。

このメールに対して宮迫は「これは由々しき問題なんですよ」と語り始め、その原因の1つは「芸人が辞めないこと」にあると分析した。

テレビの仕事がない芸人についても、「たとえば、吉本やったら劇場がいっぱいあるから、なんとかやっていけるんですよ」と語り、「吉本はNSCという学校を持ってるでしょ、そこに1校1,000人くらい入ってきて、その人たちも卒業すると芸人になるから、毎年とんでもないことになってる」と、芸人の数が増え続けていることを明かした。

「もちろん下から新しい芽が出てきたら頑張ってほしいねんけど、なかなか…」としつつ、それでも「突き抜けてくれるくらいムーブメントを起こせる才能が出てくれば」と熱いエールを送った宮迫。最後には「めっちゃ真面目な話してるね(笑)」と笑っていた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス