【ブチ切れ】東京医科歯科大学が誤報を行ったメディアに対して不快感!「許されざること、強い憤りを覚える」



東京医科大学が女子受験者の一般入試の点数を一律減点していた問題で、医療と受験の在り方が問われている。そんななか、「東京医科歯科大学」がメディアに対し、強い言葉で不快感をあらわにしていることがわかった。

同大学は2018年8月8日、「本学の写真を誤用するメディアへの対応と要望」として、次のように抗議する文章をホームページ上で公開したのである。文脈から怒りの度合いの強さがうかがえる。

・東京医科歯科大学の発表

「東京医科大学」が女子受験生の入試得点を一律で減点していたとする問題を報じたメディア(Japan Today、Financial Times、Newsweek)の記事内に、誤って本学(「東京医科歯科大学」)の写真が掲載されていたことが判明しました。(中略)

このような事態は、本学及び本学関係者の名誉を著しく傷つけるものであり、許されざることであると強い憤りを覚えます。マスコミ各社には2度とこのような誤報がないことを強く要望いたします」

大学は具体的にメディアの名前を挙げたうえで、写真の削除要請を行ったにもかかわらず、いまだに修正していないメディアもあると伝えている。

女子受験生一律減点の報道は、社会的な影響が大きいだけでなく、大学の信頼を揺るがす重大な問題だ。その大学の写真を間違えているのだから、東京医科歯科大学が怒るのも当然かもしれない。誤って写真を使用したメディアが速やかに対処することを願う。

参照元:東京医科歯科大学日本経済新聞
執筆:佐藤英典
イラスト:Rocketnews24

この記事をロケットニュース24で読む
Related Stories

あなたにおすすめ