LoL賞金首に恨みを持つ男が恨みを晴らすため最終回に殴り込み!

AbemaTIMES

2018/8/9 16:17


 リーグ・オブ・レジェンドで過去に賞金首メンバーとマッチングした経験を持つという挑戦者gussan225(ぐっさん)が、8月7日に放送されたAbemaTV「勝ったら100万円!LoL賞金首」に殴り込みをかけた。


挑戦者gussan225はかべおとのマッチングで2連続敗北を喫し、それを機にプレイの流れを悪くしていったという。raizinとの対面でも2度連続でキルを奪われ、スタンミとは同じチームとしてマッチングした際にフィード(キルされて相手が有利になること)されて…と、彼ら3人とマッチングすることがなければ自身のランクはもっと上であったはずだと主張した。今回積年の恨みを晴らすべく挑戦者として出場したのだ。

初戦となる先鋒スタンミ戦、スタンミが積極的に攻め入るものの、これまでの恨みを晴らすかのごとくgussan225は余裕の表情で返り討ちし、ファーストブラッドを獲得。すぐさまファーストタワーまで破壊した。スタンミはそれでも攻めの姿勢を崩さなかったがわずか7分で3度のダウンを奪われることとなった。

「いや、強い!」と絶叫するスタンミの顔はみるみるうちに無表情に…、わずか9分27秒という圧倒的早さでgussan225がスタンミに余裕勝ちした。

中堅戦は過去に2度の敗北を喫した因縁の相手かべお。「正直怖い」と思わず本音を吐露したgussan225だったが、そのとおり試合開始から7分間でかべおにキル数4を積み上げられ、その怒涛の攻撃にスタンミ戦とは打って変わって防戦一方の展開となった。

攻撃の手を緩めることなく、挑戦者の攻撃もしっかりと読み切って対処するかべおに一切の死角はなく、攻め手を欠いたgussan225の復讐計画はあえなく頓挫した。「プレイヤースキルなどすべてにおいてかべおが上手かった。自分の力不足だった」と素直に認めざるを得なかったgussan225に、もはや復讐に燃える顔はなかった。

(C)AbemaTV
▶【見逃し視聴】勝ったら100万円!LoL 賞金首<本戦> #12

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス