締め切りせまる!産経新聞主催『美しい日本を撮ろう』フォトコンテスト

grape

2018/8/9 15:20

産経新聞社主催の『第16回 美しい日本を撮ろう フォトコンテスト』では、日本の四季の風景、伝統文化に焦点をあてた写真を募集しています。

平成15年にスタートし、今年で16回目を迎えるこちらのフォトコンテスト。毎年、審査員にさまざまな分野で活躍している著名人を迎え、受賞作品決定後には入選・入賞作品写真展を全国各地で開催しています。

昨年は、応募作品891点の中から入賞・入選作品として42点が選ばれました。どの作品も『日本の美』を見事に切り取った、撮影者の想いが伝わってくる素晴らしい作品でした。

第15回 最優秀賞/オンワードホールディングス賞「霧の湊江」藤崎聖二

今年は産経新聞創刊85周年という大きな節目。

第16回フォトコンテストは、2020年以降を見据えた次世代に誇れるレガシー創出のための文化プログラム『beyond2020』の一環として位置付けられています。

従来の枠組み(告知/公募方法 等)に加え、国籍・年齢の垣根を越え、世界に向けて『美しい日本』や『日本文化の魅力』を発信するフォトコンテストとして実施されています。

この夏、あなたが想う『美しい日本』を写真に撮って応募してみませんか。

第15回 婦人画報賞「案山子のお喋り」靏見圭輔

公募概要

公募テーマ

「美しい日本」 -伝えよう 世界へ- 四季の風景、伝統文化に焦点をあてた写真を公募

公募対象

アマチュア写真家(国籍、性別、年齢不問)

応募締切

2018年8月20日(月)

応募方法

下記『第16回「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト』特設サイトで詳細をご確認いただき、『応募要項・申込書』をダウンロードしてお申込みをお願いします。

『第16回「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト』応募・審査ページ

  • 最優秀賞1点(賞状及び賞金20万円)
  • 優秀賞1点(賞状及び賞金10万円)
  • 秀作3点(賞状及び賞金5万円)
  • 各社賞・主催、後援、協賛の各社賞として各1点(賞状及び記念品)
※最優秀・優秀・秀作作品と各社賞の重複受賞の場合もあり

審査・発表

  • 9月初旬に入選・入賞者へ直接連絡
  • 9月下旬に産經新聞紙面で発表
  • 以後順次、当HP・Facebook・Instagramにて入選・入賞作品を公開

審査員(※敬称略)

<審査員長> 福原義春 (東京都写真美術館 名誉館長 / 株式会社資生堂 名誉会長)

秋元康(作詞家)
安珠(写真家)
大出一博(ファッションプロデューサー)
落合眞由美(ミセス編集長)
北山孝雄(プロデューサー)
隈研吾(建築家)
三枝成彰(作曲家)
十河ひろ美(25ans総編集長)
髙田賢三(デザイナー)
富川匡子(婦人画報編集長)
藤原重信(産経新聞社写真報道局長)
リシャール・コラス(シャネル日本法人 代表取締役社長)

※審査員は都合により変更される場合があります。

表彰式



10月初旬に神奈川県・葉山文化園にて実施予定

第15回 秀作「パワースポット」重村哲雄

写真作品を通して、日本の素晴らしさを改めて発見できるこちらのコンテスト。今年はどんな素敵な作品が選ばれるのか楽しみですね。

興味のある方は、ぜひお早めにご応募ください!

『第16回「美しい日本を撮ろう」フォトコンテスト』


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス